月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0222.jpg
秋津にてトップチームが東海大学と対戦。
昔のバイエルン・ミュンヘンみたいな配色のユニで登場。

スタメン
GK:グッピー
DF:池田、イリアン、大輔
MF:下村、勇人、楽山、智、浩平
FW:新居、巻

イリアンの左足のミドルシュートでジェフが先制。
新居が個人技で決めて2-0。
楽山のアシストから新居の得点。
良いコンビネーションで崩して勇人が得点。
新居のハットトリックで5-0。

前半の攻撃陣はかなり魅力的でした。
ダイレクトパスを絡めた攻撃に
客席からは何度も歓声が上がりました。

特に期待が持てたのは新居。
自分でシュートを決めるという姿勢に
チャンスで確実にゴールを決める落ち着き
さらにシュートだけでなくダイレクトではたいて周りを使ったり
ラストパス出したりと非凡さを見せつけてくれました。

一方、エースの巻は攻撃の組み立てではいい感じで
絡んではいましたがシュートが決めれない。
足でも頭でも決めるチャンスはあったのですが・・・

TGだと絶好調の楽山は今日も健在で
突破に積極的で得意の中に切れ込んでのシュートも見せたし、
その得意な形でシュートを打つと見せかけて
新居へパスしてアシストを決めたりかなり活躍しました。
後半の青木の得点もラクがアシストだったし。
これが公式戦でできれば文句ないのに・・・

前半30分で最初の交代。
楽山 → 羽生
下村 → 中島
池田 → ジョーレ

41番をつけて出場したジョーレですが
これといって特に目立つ場面はありませんでした。
攻撃も一度良いオーバーラップで攻めあがった程度でした。
イリアンと違いコーナーキックでは上がってきてます。
コンディションがどの程度なのかわかないので
開幕までに良い状態にして良いプレーを見せて欲しいです。

後半から青木と黒部の2トップ交代。

後半になって攻撃面での破壊力はトーンダウンした印象。
浩平のパスがまったく繋がらず・・・
また左サイドの羽生が何度もいい感じでボールを持つのですが
そこからあまりチャンスは生まれませんでした。

それでも黒部と青木は揃って2得点。
黒部の2ゴールはどちらもラッキーな感じでした。

智 → 楽山
勇人 → 下村
イリアン → 池田

楽山が右サイドは珍しい気がしました。
イリアンが抜けてもジョーレは真ん中ではなく
ストッパーの位置でプレー。

最後に浩平に代わってマツケンが出場。
ちばぎんと違い真ん中での出場となったが
これといった見せ場はありませんでした。

試合後は試合に出なかったサテのメンバーが
4対4でミニコートで練習。
中牧、伊藤、充喜、熊谷 vs 立石、結城、山中、韻。

反対側のサイドの遠くで別メニュー調整組が
いたんですが確認できたのは
中原、トンス、堀川、米倉、川上、朴。

練習後はしらばくファンサービスの様子を観察。
笑顔なくサインをしている巻は
ゴールが遠ざかっているだけに余裕がないように感じられる。
なかなかベストコンディションでプレーできず
他のFWが揃ってゴールを決められているので
焦りがあるのかも知れませんね。

新人では米倉が大人気。
青木人気も急上昇中。
ジョーレにサインをもらう人も多数いました。
下村がやたらかっこよかったです。
楽山夫妻が仲良く帰る所を見逃してしまいました(笑)

1202.jpg

水曜日に今年最初で最後の姉崎練習見学に行ってきました。

シーズン終了後の練習なので
ギャラリーも少なめかと思いましたが結構人が来ていました。

別メは巻、櫛野、中原、熊谷。
韓国人練習生3名ともう一人知らない選手がいました。
智が不在だと思ったらどうやら子供が生まれたみたいです。
おめでとうございます!

練習は7人×4チームに分かれて
最初はゴールを4つ使って対戦。
通常のゴールに加えて両サイドに小さいゴールを置く変則ルール。
途中から全員参加でゴールは8つでボールは2つという
どこを見ていいのかわからない状態(笑)

タッチ数を制限して判断力を養う練習の多いジェフですが
それは同時にドリブル禁止でもあり
試合でリードされて相手が人数かけて守っているときに
遠めからのシュートもドリブル突破もなく
パスばかりで手詰まりになる事が多かったのに
あえてこの手の練習をしているのは
パスサッカーを強化して勝ちたいというアマルの強い意志なのでしょうか?

練習終了後は久々に出待ち。
要田にサインをもらって
「頑張ってください」と伝えると力強く握手してくれました。
淡々と対応する選手が多い中で
しっかりと目を見て対応してくれる要田が
いなくなってしまう寂しさを改めて感じました。
yodasign.jpg

あと沢登がいました。

20061101182053.jpg
稲毛に練習見学に行って来ました。
代表フィーバーになってから練習にいっていなかったの凄い久しぶりです。
ギャラリーも倍増しているのかと思いましたがそれほどでもなかったです。

20061101182109.jpg
練習で使っていたのは決勝戦で使用される赤のチームガイストでした。

練習内容はステップを踏んでからのダッシュや
いくつかのグループに分かれてのトリカゴなどアップをしてから
ピッチの半分くらいのスペースで実戦形式の10対10(GKを含む)。
最初はゴールを置かずにラインゴールを越えたら得点みたいな感じ。
その後、ゴールを設置して同じように練習が続きました。
トップ対サテという構図でメンバーは秘密にしておきます。
トップは12人のフィールドプレーヤーからローテーションで9人が出場する形で
決勝戦のレギュラーを隠す意図なのかな?
個人的な印象では勇人が決勝のキーマンになりそうな予感。
相変わらず坂本の声ばかりが鳴り響いていましたが、
練習中の選手達はとても集中していて良い雰囲気でした。

主力の一人が練習途中で離脱してヤンさんと別メニューに。
ボールを蹴ったりしていたので重症ではなさそうですが心配です。

20061101182102.jpg
最後にPKの練習をトップ全員で行いました。
ここでまた一人が参加せずに足をアイシングしていました。
GKはグッピーと立さんが交互に行い、
キッカーは全員が2回ずつ蹴り、
2回とも外した浩平と坂本が罰走させられていました(笑)
智は2本とも決めました。ガッツポーズもしていました。

練習後のファンサービスですが
決勝戦を控えているためか見に来ていた人数の割に
サインを求める人は少なかったような。
一番人気があった巻でも10分も足止めされていなかったような。
ただ巻は以前に比べてかなり無愛想になった気が。
勇人が逃げようとしたけど結局つかまっていたのが笑えた(笑)
イリアンは対応が丁寧でとてもナイスガイでした。
以前はスルーされていた智にも行列ができていたのが何となく嬉しかった。

あと祖母井さんも来ていました。社長は見てません。

稲毛でのTGレポート。
相手がJ1大宮だからかサテの時点でギャラリーがたくさんいた。
20060712212349.jpg
頭爆発気味の青木。

[スタメン]
GK:岡本
DF:田中(川上)、竹田、松ヶ枝
MF:伊藤、川渕、楽山(田中)、松本、浩平(安里)
FW:青木、トンス

大宮はトニーニョがスタメンでフル出場。
どう考えてもサテにトニーニョ出すのは卑怯だ(笑)
トンスと青木は子供扱い同然で見事にシャットアウトされた。
サテの攻撃陣は良い所がほとんどなく、
グッピーがナイスセーブを何度も見せるがそれでも2失点の完敗。

20060712212359.jpg
別メニューで要田、藤田、充喜、結城が調整。

試合終盤にオシムが登場。
祖母井さんや社長も観戦に来ていた。

その他の気づき点。
・ディフェンスラインに入った松ヶ枝が1対1に強かった。
・浩平はパスすることが優先されすぎてチャンスを生かせず。
・青木は前を向いてボールを持てば期待できる。
・期待したのに楽山は存在感がなかった。

20060712212411.jpg
続いて、サテとの違いを見せてくれたトップの試合。

[スタメン]
GK:立石
DF:大輔、イリアン、阿部
MF:勇人、坂本、智、羽生、クルプニ
FW:マリオ、巻

巻のシュートが弾かれて智が頭で押し込むが
GKがクリアするもDFに当たってゴールイン。
あっという間に先制。

左サイドから坂本のシュートが決まって追加点。

3点目は自陣でイリアンが倒されて得たFKを阿部が素早くキック。
これが直接枠を捉えて50m級の超ロングシュートが炸裂。
20060712212443.jpg
阿部を祝福するクルプニ。

智がディフェンスラインの裏に抜け出して
GKをかわして冷静にゴールで4-0。

守備の人数は揃っていたが大宮に1点返される。

ハーフタイムの交代は大輔→水本、坂本→晃樹。
後半途中で勇人→浩平、ハース→楽山、立石→櫛野。

巻が倒されて得たPKをイリアンが決めて5-1。
しかし、ここで問題発生。倒された巻が担架で負傷退場。
ケガの程度は不明だが故障箇所が足だけにかなり不安。
代わりに28番を着けた青木が急遽出場。5分程度の出場で見せ場なし。

大宮のチームの状態がどうかはわかりませんが、
J1のチーム相手に良い内容のサッカーができたので一安心。

試合後のオシム。
20060712212451.jpg

色々考えた結果、昨日の報告会には行きませんでした。
オシムがジェフの監督でなくなることに納得はいってませんが
サポも一刻も早く気持ちを切り替えるべきだと思ったからです。

オシムが代表監督就任を急いでいるのは
何も早く代表監督になりたいからではないでしょう。
現在の中途半端な状況がジェフにとって
望ましくないとわかっているからではないでしょうか?

だから俺はもうイビチャ・オシムに固執しません。
今、サポがするべきはアマル・オシムと選手を信じて応援する事。
簡単にオシムを渡してしまった淀川社長に不信感を持つ人も
日本サッカー協会が許せない人も気持ちはわかります。
ただ今はジェフを応援しましょう!
オシム離脱の影響を最小限に抑えるためにも
サポは今まで以上に応援しましょう。
「オシムがいなくなったから・・・」なんて言い訳を絶対に言いたくない。


そんな気持ちの変化もあって
今日はフクアリでのTGに行って来ました。

4時に到着するとサテが練習中。
昨日試合を行ったということで軽めの調整。
0709a.jpg

現在、ほとんどの選手がジェフクラブ登録になっているので
今日フクアリにいた選手はわずか。
唯一いたぶっさんはクラブから帰還予定?
一番後ろに映っている白いビブスの選手は
昨日のTGで活躍したというユースの高橋くんかな?

最近、当ブログのアクセスワードNo.1の座をキープしている青木孝太。
「ジェフサポな日々」や「山岸智」より多い(汗)
0709b.jpg

前半はメインスタンド観戦だったのですが、
昨日のTGでVIPルールにオシムがいたという情報があったせいか、
上を見上げてチェックしている人が多かった。
ただ俺は目はこの人に釘付け。
頑張れアマル・オシム!!
0709c.jpg

そしてこの人も同様にチームの命運を握る重要人物。
0709d.jpg

そしていよいよトップが入場してきてアップを開始。
0709f.jpg
櫛野が中に浮いてる瞬間。特に意味なし。
0709g.jpg
今更だけどおかえり巻。ワールドカップお疲れ様。

0709e.jpg
スタメンを外れた智は水本と練習。

集合写真。一般の子供が写っているので小さめで。
0709h.jpg

この写真面白いところがあって
ジェフィに頬をくっつけるイリアンにさらにくっつく阿部(笑)
0709i.jpg


スタメンは2-6-2。
GK:櫛野
DF:大輔、イリアン
MF:阿部、勇人、晃樹、坂本、羽生、クルプニ
FW:マリオ、巻

完全な2バックではなく、坂本や阿部が入れ替わりでディフェンスラインに入る形。
ただ大学生相手に何度も危ない場面を作り、
先制点も奪われるなど前半の守備はかなり不安定だった。

キャンプを終えたばかりで3日前に甲府と試合を行っていて
疲れがあるのか全体的にグダグダな印象。
先制されたあとに勇人が一点を返すが、
内容は向上せず観客席から野次が多くなる。
サポからのブーイングは愛のムチなので否定はしないが
こんな時だからこそ暖かい目で見て欲しい。
サポ以上に選手はオシム離脱の影響を受けているのだから・・・

さらに大学生の良いシュートに皮肉のように大拍手が起こったり、
正直、このままジェフは何もかもがうまくいかず、
潰れてまうのではないかと思った。

ペナの中でシュートではなくパスを選択したことに対して
「マリオ、シュート!」と怒鳴られたマリオが
その後にゴールを決めて2-1で前半折り返し。

ハーフタイムにサマナラでカレーを買って
空いてるゴール裏観戦に変更。

選手交代はクルプニ→智、大輔→水本。
智が右で晃樹が中央へ。
後半途中にマリオ→楽山、勇人→浩平、櫛野→岡本。

右サイドをマリオがダッシュで駆け上がり、
グラウンダーのクロスを中央で巻が押し込んで3点目。
さらにイリアンが得た絶好の位置でのFKを晃樹を決めて4点目。
0709j.jpg

2度の決定機をどちらもGKに阻まれた智。
0709k.jpg

途中出場の楽山がいつもと違ってかなりアグレッシブだった。
結局ゴールには結びつかなかったが今後の期待できるかも知れない。

後半にも失点するが最後の最後で浩平のループが決まって5-2で勝利。
ただ、色々な面で不安な要素はあったと思う。

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。