月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は雨のため試合中の写真はありません。




今日のマッチデーカードは羽生。
(書き忘れていたのですが先週は坂本でした。)
ひさびさにタコス食ったらうまかった。
今日は観客が8500人しか入らなかったため売店等がとても空いていて、
テキサスやサマナラも6~7人しか並んでいない。
ホーム側はだいたい埋まっていたもののアウェー側がガラガラ。
これは対策を打たないと常時満員なんて夢のまた夢。

試合は前半に智が倒されるがファールを取ってもらえず、
治療をして一人少ない状況で福岡に先制点を許す。
ペナの中にジェフの選手の人数は足りていたが
クロスに対して二人がかぶって薮田がドフリーになってしまった。
しかし、今度はジェフが反撃。
智が左サイドからクロスを挙げて巻が決めて見事な同点弾。
前半途中から雨が降り出し、撮影は断念。

ハーフタイムに「このまま雨に濡れながら応援に専念するか」
「雨の当たらない場所へ移動して撮影に専念するか」で悩む。
チームの調子がよくないので応援したい気持ちがあり、
そして雨がやめば撮影もできるので前者を取る事に決定。
結果的には雨はやむどころか大雨になって
試合の撮影はまったくできませんでした。

話は試合に戻って、後半の先手も福岡が取る。
ペナの外側の右からFK。
これまた薮田に見事なヘディングを決められる。
何回同じパターンの失点するんだ・・・

ただこれで応援する気持ちが切れなかったのは
俺自身も成長したのかなと思ったり。
むしろ、リードを許してからの方が応援に気合が入った。
雨が降ってることなんてまったく気にならなかった。
そんな中で要田の同点ゴールが決まって、
奇跡の逆転を信じたがそれは叶わなかった。

試合後、ゴール裏に挨拶に来た選手達にはブーイングが浴びせられた。
ジェフでは珍しいシーンではあるが、
3試合でいまだ勝利がなく、
毎回同じ失点を繰り返しているのだから非難の声が出ても仕方ない。
もちろん拍手をしている人もいた。
俺はどちらでもなかった。ただ選手を見ていただけだった。
どちらがいいのかわからなかった。
イヤーブックで「勝利だけを求めないで欲しい」という言葉があった。
まだ序盤でホームスタジアムで試合に負けたわけでもない。
選手が手を抜いているように見えたのか?
ブーイングするほど悪い内容だったのか?
だからといって拍手で迎えていいのか?

選手達の奮起を促すためにブーイングした人も
選手達の辛い心境を推し量って暖かく迎えた人も
ジェフのためを思ってやったことで正解はないのだろう。
無言で選手を見つめた俺はそれで自分の気持ちが現れている。

ジェフサポな写真館に写真2枚だけ追加しました。


[試合結果]
2006 Jリーグ第3節
ジェフユナイテッド千葉 2-2 アビスパ福岡

[得点]
40分:薮田(福岡)
44分:巻(千葉)
70分:薮田(福岡)
86分:要田(千葉)

[スタメン]
GK:立石
DF:斎藤、ストヤノフ
MF:阿部、佐藤、坂本、山岸、水野、クルプニコビッチ、羽生
FW:巻

[交代]
46分:羽生 → 工藤
63分:クルプニコビッチ → 中島
76分;斎藤 → 要田

[警告]
ストヤノフ

こんにちは。
試合後、ブーイングする気はなかったです。
拍手も迷いました。
結果、私も立ちつくしていました。
追いついたのは良かったです。
でも、失点が同じなのは頂けないです。
チームが迷路に迷い込む前に、どんな形でも良いから勝利がほしいです。
清水戦は正念場ですかね。
なので、応援行ってきます~
見事に清水に勝ちましたね!
次はフクアリで鹿島に勝って、拍手で選手達を迎えたいです。











管理者宛の投稿

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

アキ

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。