月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100612a.jpg
甲府駅と小瀬の間にある遊亀公園付属動物園を経由して小瀬入り(笑)

アウェー自由席が売り切れだったのでメイン観戦。
栃木や水戸ではメインは空いていたので
余裕で30分前到着にしたら隅の方しか席が空いてなかった…

100612b.jpg
ジェフのゴール裏。

100612c.jpg
甲府のゴール裏。

100612d.jpg
フクアリでの愛媛戦とかでも気になったのだが、
こういう集合写真やマスコットがスタンド向けに周回してる時など
スタッフが凄い邪魔だと思う事が多々ある。

せっかくのシャッターチャンスなのにスタッフの陰になったり、
マスコットとスタッフの2ショットみたいになったり…
写真を撮っているのは正面だけとは限らないのをちょっとは頭に入れて欲しいと思うのである。

試合はどちらもなかなか決定機が作れない状態。
ペースとしては甲府の方が押していたかも?
41分に櫛野のスローインに精度がなく福元が繋ぎきれずに
甲府にボールを奪われてミドルを叩き込まれる。

FKとかもそうだが早くリスタートしようと思って
焦って自滅するのは何とかならんのか…

0-1。

後半になっても得点は動かないまま試合は続く。
65分にはジェフのカウンターの場面でパス回しに固執してボールロスト。
逆に甲府がそれをカウンターで追加点。

2点ともどうしようもない自滅からの失点。

恐らく甲府の選手は勝利を確信したかも知れない。

ただ、2-0という一番怖いスコアになった事で試合の展開は急変。
5分後に倉田が1点返すと甲府はチームに意思統一を欠いた。
突き放そうとする攻撃陣と時間稼ぎを優先する守備陣。
付け入る隙が見え隠れし始めた。

100612e.jpg
ロングスローから良太のヘッドが決まって同点。
流れは一気にジェフに傾いた。
小瀬で毎試合ゴールを決める青木孝太の決勝弾のお膳立ては整った。

しかし、和田が甲府のGKへの危険なタックルで試合は5分中断。
自ら試合の流れを断ち切ってしまった。
ロスタイム7分の間に3回はチャンスがあったと思うが決めきれずドロー。

残念ながら0-2から追いついた事を評価できる試合ではなかった。


[第17節]
ヴァンフォレー甲府 2-2 ジェフユナイテッド千葉

[得点]
41分:片桐(甲府)
65分:(甲府)
70分:倉田(千葉)
85分:青木良(千葉)

[メンバー]
GK:櫛野
DF:和田、福元、青木良、アレックス
MF:佐藤、工藤、米倉
FW:太田、巻、倉田

控え:岡本、坂本、中後、谷澤、深井、ネット、青木孝

[交代]
55分:太田 → 谷澤
67分:米倉 → 青木孝
73分:巻 → ネット

[警告]
工藤(2)
谷澤(3)
和田(1)












管理者宛の投稿

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

アキ

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。