月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/01/18

佐藤勇人

2007yuto.jpg

勇人も帰ってきました。
復帰決定の報道が出た時は嬉しかったし、
新体制発表場に確かに勇人がいる事が何よりも嬉しかった。

でも、ゲキサカに乗っていた勇人のコメントを見て微妙な気持ちになった。

他の3人は前所属チームで戦力外になっただけに
オファーを出してくれたジェフに感謝しているのが伝わってくるし、
ジェフサポの微妙な心境も少なからず理解しているように見えるが、
勇人だけは少しニュアンスが違う。

自ら京都を退団し、J1や海外のチームからオファーがある中で
ジェフ復帰という選択肢を自ら選んだという立場の違いだけでは
納得が行かない違和感。

ジェフに戻ってきた来た感想を
「一人暮らしして、実家に帰ってきたみたいな」と言ってるが
サポーターの気持ちは全然違う。

ジェフサポはずっと勇人がジェフにいてくれる事を望んでいた。
それでも、勇人はジェフの敵となる道を選んだ。
多くのジェフサポが勇人の移籍で悲しみ、苦しんだ。
だから、「ただいま」なんて軽い気持ちで帰ってきて欲しくはなかった。

勇人にはもっとサポーターの心境を察して欲しかった。
それは京都に対するコメントからも伺える。
京都というチームは勇人にとっては理想のチームではなかったかも知れないが、
それでも京都サポは勇人を全力で応援してくれたはずだ。
俺が京都サポの立場だったら勇人を許せないだろう。

勇人のコメントを読んでいたら、復帰の嬉しさもどこかへ吹き飛んでしまった。

坂本は新潟から1年で戻ってきた時も似たような状況では合ったが、
ジェフ復帰に対する坂本の決意は半端なものではなかったはず。
それと比べて勇人はどうなのだろうか…


ジェフから移籍したことを根に持って応援したくないなんて気持ちは微塵もないけど、
せっかくの嬉しいニュースでこんな気持ちになってしまったのが非常に残念。












管理者宛の投稿

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

アキ

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。