月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GK:#1船田
DF:#16後藤、#2柴田、#3浅野、#27細川
MF:#14金野、#6花桐、#22安田、#23清水
FW:#19吉本、#9石田

控え:#29手塚、#20三上、#11井上、#31海老沢、#8深澤

前節と同じく、ここまでの対戦成績が1勝1敗で
白黒はっきりつけたい相手マリーゼと対戦。

序盤はジェフレディースが主導権を握る。
個の力ではマリーゼが分があると思っていたのでちょっと意外。
なかなか結果は出ないが、着実に力は着いて来ている。

091017a.jpg
吉本宏美がディフェンスラインの裏に抜け出し決定的チャンス。
左足で放ったシュートは力なくGKに止められてしまう。

こういうチャンスを確実に決めていかないとL1で勝利を得る事は難しい。

ジェフが良いリズムの時にゴールを奪えずにいると
徐々にマリーゼが流れを押し返してくる。

それを粘り強い守備で跳ね返すジェフレディース。
珍しく前半を0点で抑える事に成功。

後半。

091017b.jpg
好守ともに高さが足りないジェフレディース。
攻撃時のCKは決まる気配がしないし、
守備時のCKはいつもギリギリで必死にクリア(汗)

主導権は完全にマリーゼが握っている。
時折カウンターからゴールを狙うジェフレディースだが
攻撃時の人数が明らかに足りていない。

いつも果敢に突破を試みる左の安田有希が不発。
右の清水由香も対面の日本代表DF鮫島に抑え込まれ、
石田美穂子には常に厳しいマークがつき、
決定的な仕事をさせてもらえない。

攻め手を欠く、ジェフレディースは
花桐なおみに変えて海老沢有香を右サイドに投入。
清水由香をトップに上げて、吉本宏美を中盤に移した。

しかし、60分にジェフの左サイドから上げられたクロスが右に流れ、
それを改めて中央に折り返されると
ど真ん中でマリーゼの選手がドフリーでヘディング。
先制点を奪われてしまった。

失点するとますます歯車は噛み合わなくなり、
64分に再びヘディングシュートがGKの頭上を越え、
GK船田麻友が必死に触ったが掻き出すことができず。
0-2。

68分に手塚沙央里と井上由惟子を投入。
手塚沙央里はこの試合がなでしこリーグデビュー。

一矢報いたいジェフはカウンターから
海老沢有香がシュートを放つが枠を外す。

そして、0-2のままタイムアップ。

前節あまり出来のよくなかった花桐なおみの連続起用、
小川志保に続いて、手塚沙央里の実践投入など
ジャンボ監督は若手に経験を積ませて
チームの底上げを図っているような感じ。

もちろん勝利を目指して戦っているが
「勝つことがすべて」という感じでもないだろう。

残留も確定しているので、
目先の勝点を拾おうとせずに
貴重な実践の場を来季以降を見据えて
有効に使うという考え方もありか。

もちろん、監督の真意はわかりませんが…












管理者宛の投稿

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。