月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW最終日に新潟に乗り込んで来ました。
有料試合ですが会場は覗き見し放題な環境(汗)

GK:#30斎田
DF:#16後藤、#28高橋、#3浅野、#5西口
MF:#19吉本、#20三上、#10牧野、#22安田
FW:#9石田、#23清水

控え:#2柴田、#13白鳥、#11井上由、#31海老澤、#8深澤

清水が脅威の回復でいきなりスタメン復帰。
キャプテンは前節に引き続き三上。

試合が始まると「マリーゼに勝ったんだがら新潟にも勝てそう」という
俺の適当な予想が物凄く甘かった事を痛感。

ジェフレディースがいい形で攻めるシーンがほとんどない。
ボール支配率は圧倒的に新潟。
それでも今年の守備は非常に安定している。
まだ無失点試合がないものの見ていて安心感がある。
ボールは支配されてもシュートまでは持ち込ませない。

それにしても攻撃でチャンスが作れない。惜しいと思う場面すらない。
ジリジリした試合は30分が過ぎる。

34分、左の安田のクロスがピンポイントで石田の頭へ。
待望の先制点が決まる。

ここまで5ゴールすべてがヘディング。
得点女王レースを先頭で快調に走る石田。
試合後には「利き足は頭です」と聞き慣れたフレーズが(笑)

ゴールが決まると桁違いの勢いを見せるジェフレデース。
5分後には石田が新潟DFからボールを奪うとそのまま
GKとの1対1を冷静に見極めてネットに流し込む。
6点目でようやく足でのゴール(笑)

090506a.jpg

さらに5分後には牧野が低空ヘッドで3点目。
古巣新潟に強烈な恩返しを決めた。 

090506b.jpg

前半最後の10分間の3ゴールで一気に試合を決めた。

ここまでの5試合で無得点だったベレーザ戦を除くと連続得点が多い。

INAC戦:59分、60分
高槻戦:27分、36分
マリーゼ戦:77分、80分
新潟戦:34分、39分、44分

イケイケになった時の爆発力は本当に凄い。
ただ、新潟戦で攻撃が良かった時間はこの10分間だけだった。

肩の状態が万全ではないであろう清水が前半終了を待たずに海老澤に交代。

昇格組に前半で3点差を付けられて新潟は意気消沈して、
後半はジェフレディースの攻撃がたくさん見れるかと思ったが…

後半は前半以上に大苦戦。

58分に失点。その後は無失点で試合を終えたが
守備に奔走し続けた後半に試合後は何とも言えぬモヤモヤ感が…
同じ勝利でも前節のマリーゼ戦後とは対照的な選手の表情。

勝った試合も楽だった試合は一つもない辺りにL1の厳しさを感じます。
どの試合も一つ間違えれば結果は間逆になっていたかも知れない。
第1クールで勝ったからといって、次の対戦で勝てる保証などまったくない。
改めて気を引き締めて応援しないとダメだと思いました。
次の対戦は10日に鴨川で湯郷と戦います。
トップの次の日なので時間と体力に余裕のある方と
ご近所にお住まいの方はぜひスタジアムへ!












管理者宛の投稿

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。