月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磐田戦の試合後にブーイングが起こりました。

支えてくれるはずのサポーターから、
ブーイングされる事は選手にとって嬉しい事であるはずがありません。

心を鬼にして、愛すべき選手にブーイングを向ける。
本来なら軽々しくできる事ではありません。

ジェフに限った事ではありませんが、
選手が「ブーイングされて当然」というコメントする事があります。
それではブーイングの意味がなかったも同然です。

5節を経過して、ここまで未勝利である事。
毎回先制しながら追いつかれている事。
最下位の磐田にホームで引き分けてしまった事。

選手自身の方が逃した「勝点2の重み」を感じているはずです。

わかっている事を改めて突きつける事にたいした意味はありません。

奮起を促すためにしたとしたら効果は薄いでしょう。

負けたわけでもない。
試合内容が最悪だったわけでもない。
この一試合だけを見ればブーイングに値したとは思わない。
それでも、フクアリにはブーイングが起こった。

サポーターはジェフの勝利を期待してスタジアムに来ています。
でも、いつまでたっても勝てない。
ストレスがたまる。
結局は我慢ができなかっただけかも知れません。
単なる不満の意思表示。
それ以上の意味はありません。
そんなブーイングに何の意味もありません。
チームの雰囲気を悪くし、選手とサポの間に溝を作るだけです。

去年の残留劇でジェフの選手は
「ジェフサポはブーイングをしない」というイメージを持っていると思います。
それ故にジェフサポがするブーイングは大きな意味を持っていた。
使い道さえ間違えなければ、選手に影響を与えるだけの力があったと思います。

それがあんなに安売りしてしまうとは…

チームを否定する意味でするブーイングは本当に最後の手段です。

今のサッカーじゃダメだ。
今の監督じゃダメだ。
今の選手じゃダメだ。

チームに何らかの変化を要求する意思表示。

プロサッカーは人気商売です。
サポーターがいなければ成り立ちません。
満足が得られないからと無言でスタジアムに来られなくよりは
不満の意思表示をする方がチームのためになる事もあるでしょう。

ただ、まだそこまでの状況ではないはず。

今のチームには足りない物がたくさんあるかも知れません。
それでも、絶望的だと思いません。
まだチームを信じれなくなる段階ではないはず。

どんな時でも応援し続けるのが良いとは言いませんが、
チームのためを思ってのブーイングだとは到底捉えられません。
果たして、磐田戦でのブーイングに何の意味があったのでしょう?












管理者宛の投稿

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

アキ

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。