月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/01

川崎戦観戦記

080330.jpg

観戦記というより川崎戦で感じたサポーターという存在についての俺の考えです。

開始早々にボスナーにあたったシュートが立さんの頭上を越えてゴール。
34分に米倉が退場して一人少ない状況で追加点を奪われてかなり厳しい状況に。
後半に入ってレイナウドを投入するも劇的に攻撃が改善されるわけでもなく何度も川崎にゴールを強襲される。
0-2から1点返せれば流れは来ると思っていたがジェフはCKやFKはあっても
決定機がほとんどなく「良い流れが来ている」と思うことはなかった。
それでも試合終了まで全力で声を出し続けた。

今季のジェフは監督が変わり、主力の多くが移籍して、新加入選手や若手が多く出ている。
チームとしての完成度も選手の経験値も多いとはいえない。

勝点を持って帰るのが困難な状況になったとしても
今のジェフには無駄にしていい時間もプレーもない。
何度失敗しても、それで成功へのきっかけを掴んで欲しい。

何かと色々と腑に落ちない事の多い試合だったので
サポは「さっさと忘れて気持ちを切り替える」でいいですが
選手にはこの試合で些細な事でも何か掴んでいて欲しい。
次に繋がる何かを得て欲しいと思います。

だから、サポーターにはどんな試合展開になっても諦めずに応援を続けて欲しい。

「ジェフが負けているから」「うまくいっていないから」と応援がトーンダウンするのではなく
苦しい状況だからこそサポーターの大きな声援を後押しをしたい。
今は我慢の時期だとわかっている人が多いので
試合後もブーイングや野次はなく拍手も多く暖かい雰囲気でしたが
我慢の時期だからこそ試合中の応援ももっと頑張って選手をサポートしよう。


それと相手選手や審判に対するブーイングについて。
言うまでもなく川崎には元ジェフの山岸智がいます。
移籍際のコメントや、等々力の最寄り駅に貼られているポスター等、
ジェフサポの心情を逆なでするような経緯があるだけに
思いきりブーイングするのはアリだと思います。
俺も川崎が登場した時や選手紹介の時もブーイングしました。

ただ試合が始まっても延々と智へのブーイングをしている人も多かったです。
応援の声量はそのままでさらにブーイングだけ聞こえるというのは
ブーイングはするけど応援はしないというサポが多いという事ですよね。
サポーターが背番号12をもらっている意味を考えた事がありますか?
特に昨日のように退場者が出て1人少ない状況ですることは
相手や審判にブーイングする事ではなく、ジェフの選手へ声援を送ることではないでしょうか?
万博でも水本へブーイングばかりしている人もいましたし、
ブーイングしにスタジアムへ来るのもその人の自由ですけど、
サポーターなら「自分のしたい事」よりも「ジェフのためにするべき事」が優先されるべきではないでしょうか?


J's GOALではクゼの審判に対するコメントが全部カットされていますね。
敗戦後の感情に任せた審判批判ならともかく
あれだけ冷静でかつ建設的な意見をカットしてしまう事は
昨日の審判の判定以上に信じられません。












管理者宛の投稿

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

アキ

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。