月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/23

浦和戦観戦記

腰痛悪化のため遅くなりました(汗)

なんだかんだいっても浦和戦。意識せずにはいられない一戦。
ゴール裏住人としてはあれだけの応援するサポーターが
ホームスタジアムに乗り込んでくるとなると気合が入らないわけがない。
なんて事を考えていたら眠れなくなって去年の浦和戦のDVDを見ました。
自分の印象以上に浦和の応援ばかり聞こえて余計に気が引き締まった。
何より凄いと思ったのは恐らくスタジアムにいたジェフサポ全員が大歓声を上げたであろう
あの巻のゴールの時ですら浦和サポの声援が聞こえる。
あの中島の追加点で勝負がついたあとですら浦和の応援は衰えない。
最後まで声援で後押しするという姿勢は尊敬に値する。
(あまりひどい負け試合だと応援やめたりするらしいけどそれはまた別)

電車に乗って向かっている時点では浦和サポをまったく見かけなかったので
今年は去年以上に黄色の割合が多いかも?と楽観的な予想をしたのですが
蘇我駅についてからは赤の群れ・・・
フクアリについてからもやたら赤が目立ち、コーナー自由の列とか半分以上赤い。

チケット即完売という危機感もあるのかジェフサポもかなりの出足が早く
入場列で広場が埋まるという前代未聞の状況で開門時刻もかなり早まりました。

ジェフレディースは次の日が福岡遠征のため主力は不在で
最近の日課だったサイン収集がないので今日はないのでやる事がない(笑)
売れ行きが良いというのは喜ばしい事ですが
それにしても最近のワンコイン売り場は混雑しすぎで
新作が出ているかどうかすらチェックできませんでした。

今日も新作ゲーフラがまた登場。
前回書くのを忘れていたのですが甲府戦に合わせて浩平を作成。
東京戦のあの素晴らしいゴールを見たら作りたくなって
智と浩平はユース上がりの仲良しで、
二つ並んでいたら面白いかなと思って作りました。
続いて浦和戦に向けて中島ゲーフラも追加。
伝説のジェフのダチョウ倶楽部が揃い踏み(笑)
一般的に浦和戦は下村押しの人が多かったみたいですが
「フクアリでの浦和戦といえば中島!」と思った俺は完全な少数派。
2005年はイリアンが出場停止の穴を見事に埋めて完封勝利に貢献。
2006年は言うまでもなく途中出場であのダメ押し弾。
今年も中島にも何かを期待しないわけにはいられない!

ようやく選手が練習に登場して応援開始。
試合当日になっても腰痛は完治しなかったので
全開応援はキックオフからにしようと思っていたのですが
応援が始まったらそんな事を言ってられなかった(笑)
ただハレルヤのコールリーダーがお休みという事で
応援は若干やりにくかった。

反対側から聞こえてくる大声援を聞くと気合が入る。
歌系よりも「浦和レッズ!」のシンプルなコールが一番凄い。
屋根に反響してもの凄い迫力。
ジェフサポも負けじといつもよりも声が出ている。
自分の声があまり聞こえない状況なんて久々だ。
でも去年も書いたと思うけど相手がどこでも
常にこういう応援ができるようにならないと!

試合は浦和の猛攻撃で幕を開けた。
ジェフが最初にいい形で攻撃するまで10分が過ぎていた。
ここからジェフにも攻撃の回数が増えていき、
勇人のシュートをGKが弾いて巻がつめるというあわやという場面も。
しかし、この後の浦和の攻撃でワシントンにゴールを決められてしまう。

そこまでの攻撃で飛び跳ね続けるプライドを長く歌い続けて
その後の千葉コールでは息が続かず集中しきれていなかった。
応援と失点は関係ないかも知れないけど
個人的にはとても悔やまれる失点。

6連勝中常に先手を取っていただけに
このゴールのダメージは大きく
ゴールを狙う意識が強くなりすぎたのか
守備の意識が薄くなり、
ポンテのクロスをワシントンに頭で叩き込まれて0-2。
そして前半終了。

羽生も頑張ってはいるがサイドをえぐってクロスでないと
浦和の守備を崩せそうにない。やはり晃樹不在は痛い。
最近好調だった新居も見せ場を作れずレイナウドと交代。
前半で膝を痛めた勇人に変わってラクも投入。
浩平をボランチに下げて、智を右に移す。

最初から気合入れてやり過ぎたせいか
前半途中で声は枯れて全然声が出ない。
疲労も半端ないてハーフタイムはひたすら休養。
後半になってなんとか声がまた復活したが
希望を打ち砕くかのようなポンテのゴール。0-3。

ジェフは流れを掴めず苦しんでいたが
幸運もありレイナウドにゴールが生まれる。
追撃の狼煙がようやくあがる。
完全に勢いがジェフに傾いた。
浦和はワシントンを負傷で交代した事もあり
怖いのは田中達也の単発でのカウンターのみ。
中島も積極的攻撃参加し、
相手が攻撃に転じる出鼻を挫く水本のインターセプトなどで
ジェフが一方的に押し込み続ける。
77分にはレイナウドのFKが壁に弾かれたボールを
羽生が左足で鋭いシュートを決めて2-3。
残り時間は少ないが絶対にいける!
2分後に智のシュートがネットに突き刺さった。
奇跡的な状況に歓喜が巻き起こるフクアリに無常のオフサイドの旗。
結果的にこれが心を挫く一番の出来事だったかも知れない。
ジェフサポの応援もトーンダウンしてしまい、
浦和に追加点を奪われ試合は終わった・・・

試合後に喜ぶ浦和サポに対してブーイングが起こるジェフのゴール裏。
あまりに情けない光景。
そのパワーをなんで試合中の応援に使わなかったのだろう?

それにメインスタンドやバックスタンドであれだけ多く人達が
手拍子で応援に参加している状況ですら
まったく応援しない人がいるジェフのゴール裏って・・・
ジェフの応援は徐々に良くなってはいると思いますが
「選手の後押しになる応援」というにはまだ程遠い。

試合に負けたことももちろん悔しいけど
冒頭に書いたように浦和サポの負けているときの応援を見たあとだけに
苦しい状況では声量が落ちて、
ゴールを決めたり、チャンスになった時だけ
盛り上がるジェフの応援はまだまだだなと感じました。

せっかくスタジアムに来て
目の前で選手がプレーしているのだから
少しでもジェフの選手達の力になるように
応援を頑張ろうと思う人が増えることを願います。

智のGOALが幻になってしまったことが凄い悔しいです。
アレが決まっていたら…。もちろん、本人が一番ショックで悔しいでしょうけどね。

応援に関しては本当に、ゴール裏で無反応で更にブーイングと野次は凄い人居ますね。
どうにかして声援・手拍子をしてもらえないものかハレルヤも色々考えております。
見方は人それぞれで、強制は出来ないけど「文句や不満」をぶつける声量があるなら、選手の後押しをする「声援」で使ってもらいたいですね。
その部分で他サポに比べてJEFサポは劣るというか、気持ちが足りないなぁ…って思います。
ジアロコでもよく話すのですが受身の応援しかできない人が多いですよね。
ピッチ上の出来事に対して盛り上がったり凹んだりするだけ。
自分達の応援で流れを作るという認識で応援する人を増やす必要性を感じますね。
応援は試合結果には直結しませんが、あれだけの人数で声を出せばピッチ上に選手に与える影響は絶対にあるのだから、それを信じてポジティブな方向に力を出すようにして欲しい限りです。











管理者宛の投稿

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

アキ

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。