月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーフラを作るようになってから
多くの人に「どうやって作ってるの?」と質問される事が多くなったので
俺の作成方法と体験談を公開します。

すげー長いので畳みます。

まず最初に決める事は「どんなゲーフラを作るのか」
どれぐらいのサイズでどんな文字(絵)を書くのか決めましょう。

参考までにJ's GOALのジェフのゲーフラ特集

あまり細かい文字を詰め込んでもピッチからは見えません。
シンプルなデザインが一番です。

では、俺流のやり方を説明。
まず布のサイズは90cm×70cmにしました。
これより大きくても小さくても問題ないですが
あまり小さ過ぎると目立たないし、大きすぎると持つのが大変です。

このサイズだとA4用紙9枚分くらいがちょうどいい大きさになり
PCで原案の作成する場合に大きさの調整が楽というのもあります。

まずExcelを起動しましょう。
最初にファイル→ページ設定で用紙サイズをA4に拡大を300%に設定します。
すると点線が表示されますのでその9枚分が作画エリアになります。
そのままだと大きすぎて画面からはみ出ると思うので
tb.gif
ツールバーにある画面比率を50%にしましょう。縮小されて全体が表示されます。

挿入→図→ワードアートを選択。
wa.gif
こういう文字の形一覧が出るので好きなものを選択します。
moji.gif
文字を入力してOKボタンを押します。
moji2.gif
これを押すと文字の内容や色など変更できます。
ちなみに下書きなので色は設定しても意味がないので
黒枠の白抜きに設定するとプリンタのインクの無駄使いになりません。

ワードアートの上でクリックしながらマウスを動かすと文字も移動します。
文字の大きさは各角の白丸にカーソルをあわせて引っ張ると大きくなります。
文字はフォントでイメージが変わるので自分の好きなものを探してみましょう。

文字だけのゲーフラでしたらあとはサイズを調整して印刷するだけです。

こんな感じになりますというサンプル画像↓
sample1.gif
(イメージの確認のために色づけしてます)
ちなみにこの「ワンコインのアイドル」は某氏がつけたフレーズ(笑)
最近は試合に出ているのでもう「ワンコインの~」は相応しくないですけどね。


絵を入れる場合はちょっと難易度があがりますよ。
挿入→図→ファイルからで入れたい絵を選択。
(絵は予め自分で用意してPCに保存して置いてください。)
複数の絵を入れる場合は画像の上で右クリック→順序で
絵が重なったときにどちらを前面に出すか設定できます。

sample2.gif
こんな感じで作れます(笑)
ブログでゲーオタ宣言してたとはいえこんなの作ったら怒られそう(汗)
「文字」「選手の絵」「ボール」「ニンテンドーDS」を組み合わせています。
ジェフなんで適当に黄色いDSにしたのですが
実際にはイエローのDSはポケモン仕様でレアらしいですよ。

パソコン上であれこれデザインにするのは簡単ですが
凝ったデザインほど制作時の難易度が上がるので気をつけましょう。


予想完成図ができたら道具を買いに行きましょう。

俺は布は津田沼のユザワヤで購入してます。
黄色の91cm幅が1mで389円です。
50cm以上で10cm単位で切って販売してくれます。
俺はいつも80cmで購入しています。
色は黄色が基本ですが
ゴール裏は全体が黄色いので白の方が目立ったりします。
あるいは紺色の布に黄色で書くのもアリかも知れません。
布の種類もいくつかあるようですが俺は綿100%のものを使ってます。
ユザワヤは通販でも布が買えます。

続いて、ダイソーで小道具を揃えましょう。
まずアクリル絵の具。こちらは1本100円。
作成中に足りなくなると悲惨なのでよく使う色は大目に買いましょう。
青は色の乗りが悪いのでチームカラーで作るなら藍色をオススメします。
ちなみにユザワヤの上にあるダイソーは
俺が藍色を買い占めたため在庫がなかったり(笑)

続いて筆とパレット。アクリル絵の具は乾くと取れないので
パレットはすぐ洗うか使い捨てぐらいの気持ちで使いましょう。
筆も洗わないで置いておくと固まります(汗)
筆は細いものと太いものの両方あると便利です。

あとは縁取り様に油性マジック。
俺が買ったものは布には使用しないで下さいと書いてますが無視して使ってます。
あとセロテープとガムテも必須です。
そして木工用のボンド。布OKと書いてあるものを選んでください。
ミシンを使う人はボンドは不要です。

そして両サイドに使う棒。縦長さ+20~30cmの物を探しましょう。
俺は120cmの物を使ってます。
ダイソーだと園芸用の支柱は2本で100円。
伸縮できるつっぱり棒は100円ショップのくせに1本200円です。
120cmものは縮めても75cmあって普通のカバンには入りません。
ゲーフラの縦を短くして55cm~90cmのものにすると持ち運びには便利です。

帰ってきたら早速布の準備です。
棒を通す部分を作るのでボンドもしくはミシンの出番です。
まず縦が90cmになるように置いて
ほつれ防止のために両脇を1cmぐらいで折り返しましょう。
そしてボンドでくっつけます。もしくはミシンで縫います。
つづいて棒を通す部分を作るのでさらに5cmくらい折り返してまた止めます。
棒が入らないと悲惨なので棒を置いて確認しながら折り返すと確実です。
そして最後に上の部分を1cmぐらいで折り返して止めて布完成。

gf.gif
イメージ的にはこんな感じです。これで縦90cm×横70cmになります。
点線の部分が折り返して縫った部分だと思ってください。
これで布の準備は完了。

近くに布を売っている所がないと言う方や
作るのが面倒くさいという方は
無地ゲーフラを通販で売っているのを発見したのでこちらも参考に。
やや割高ですが手間は省けますし、
素人の手作りよりもしっかりしてそうです。

さて、いよいよゲーフラ作成のメインイベントです。
いきなり手書きで書きなぐるのもいいですが
失敗が怖いのでPCで下絵を作ってそれを写す方法を説明。

ここからは実際に作成したいっしーゲーフラの画像を使用します。

まずA4×9枚に印刷するとこんな感じになります。
gf1.jpg

内側の余白部分を切り取ってセロテープでくっつけます。
gf2.jpg

黄色い布は透けるので布の下にガムテで固定します。
gf3.jpg

マジックで縁取りします。
gf4.jpg

つづいて絵の具で塗ります。
塗り終わったら下書きの紙は取り外しましょう。
乾いてからだと紙がくっついて取れない場合があります。

乾いたら完成。
gf5.jpg


このゲーフラは一色しか使っていないので楽ですが
複数の色を使う場合は隣接する色が混ざらないように
それぞれの色が乾くのを待ちながらやりましょう。
あと白は乗りが悪いので何度も重ね塗りが必要です。

アクリル絵の具は強力なので汚れていも良い服装で
下には必ず新聞紙を敷き詰めてやりましょう。
手などは洗えばすぐ落ちるのでついても気にしない。

ちなみに布は絵の具を吸い込むので
昔、図工の時間に画用紙に絵の具で絵を塗っていた感覚とは全然違います。
水で薄めると多少は伸びが良くなりますが完成後にムラになるので
惜しがらずに絵の具をガンガンつけて一気に塗りましょう。
ゲーフラ作成は勢いが命。
遠目から見るものだから多少の失敗は気づかれない!(笑)

絵が完成したら棒を通してあとはスタジアムで掲げるだけ!

ゲーフラを掲げるポイント
・練習で選手が入って来る時
・選手紹介時
・選手入場時
・得点時
・試合後の選手挨拶時

後ろの人の視界を遮る事になるので
試合中にずっと出したりするのは控えましょう。
いつもお世話になってます。
僕はアクリル絵具で塗るのが面倒なんで、アイロンプリントしてますが、金がかかるのが難点ですね。
ちなみに布はジャスコでトップバリュー280円/mを使ってます。予備もふくめて一回に2m買ってます。

最近は縫うのが面倒なんで、木工ボンドを薄く塗って張り合わせ、アイロンを高温でかけて棒を通す穴を作ってます。
結構はがれないものですよ。

ゲーフラは選手に観てもらったときが至福ですね♪
アイロンプリントはコスト高で俺の中ですぐ却下されました(笑)
そして、俺もすっかりボンド派です。

>ゲーフラは選手に観てもらったときが至福ですね♪
ということでゲーフラはチーム応援メッセージよりも
選手応援系のデザインになってしまいますよね。











管理者宛の投稿

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

アキ

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。