月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年のJリーグが開幕したわけですが
原因不明の腰痛に悩まされ、
開幕を楽しむ余裕もあまりなく
ジェフも0-2で負けて良い事なしの一日でした。

本当は開幕に向けて
試合の展望とか色々企んではいたのですが
腰痛でPCに長時間向かうのが困難になってしまい
何事もなかったかのように開幕を迎えてしまったのが残念です。

以前のエントリーで書いたように
スカパーが見れない俺は現時点(火曜日)で試合を見ていません。
ゴールシーンだけで試合をあれこれ語るのもどうかと思うので
ちょっと違う視点からこの試合を分析してみようと思います。

今日のテーマはコンディションについて。
名古屋戦でジェフは後半になって運動量が落ちたと言われています。
豊富な運動量を誇るジェフの選手達が
開幕戦からガス欠になるとはどういう事でしょう?
答えはジェフの選手達がトップコンディションではないからでしょう。
雑誌で読んだ受け売りですが
プロのサッカー選手でも
一年間良いコンディションを保つというのは不可能で
どうしても良い時と悪い時があり、
ピークをどこに持ってくるかというのは
開幕前の調整でコントロールするらしいです。

開幕にピークを持ってくるとどうしても終盤に息切れしてしまうので
優勝争いをするチームは中盤から終盤に
ピークが来るようにシーズンを過ごし、
逆に残留を争うチームは開幕からトップコンディションを持ってきて
少しでも序盤に勝点を稼ぐようなスタイルをとるそうです。

Jリーグでもジェフのように開幕戦に相性の悪いチームや
逆に開幕戦にめっぽう強いチームがあるのは
コンディション調整の仕方の差ではないかと思います。
ゼロックスのG大阪と浦和の試合などでも
コンディションの差が結果を大きく左右することがわかると思います。

ジェフは毎年開幕戦で勝てないのは
開幕にトップコンディションが来るような調整を
していないからではないでしょうか?
2007年にチームが始動して
開幕戦までにオフの日は1日しかなく
ただでさえジェフは練習がきついようなので
の体への負担は相当のものでしょう。
しかし、一度、体に強い負荷をかけないと
コンディションが上がらないとも聞きます。

去年は監督交代や日本代表への大量選出で
シーズン後半もグダグダになってしまいましたが
それ以前のジェフはシーズンの前半は調子がそれほどよくなくて、
後半戦になると強さを発揮していたのは
みなさんも覚えていると思います。

そう考えると開幕戦で大勝したからといって
今年は優勝できる!と思い込むのも
初戦で良い所なく負けたからといって
降格争いを覚悟するのも時期尚早というもの。

もちろん、コンディションだけで勝敗が決まるわけではないし、
調子の悪い時期に勝点を取れるかどうかも重要な要素で
開幕戦のジェフにはそれができなかったわけですが、
この一試合だけすべてを判断するべきではないし、
必要以上に悲観する必要もないと思います。

今、サポーターがするべき事は敗戦や選手のミスを責める事ではなく
ホーム開幕戦を最高の雰囲気で迎えることだと思います。
まだチケットも余裕があるみたいなので
フクアリを満員の黄色で染めて選手を後押しをしましょう!


このあと11時からJスポで試合の放送があるので
それを見て思うことがあったらまた書きたいと思います。












管理者宛の投稿

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

アキ

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。