月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/04

決勝戦観戦記

決戦の朝。ついにこの日が来た。
数日前から試合の事ばかりを考え、
なんとも言えぬ緊張感が続いていたが
前日はよく眠れて良い感じで当日を迎えた。

友達と一緒に行く予定だったが連絡の行き違いで
かなりのタイムロスをしてしまい、
国立についたのは9時30分過ぎ。
すでにジアロコのメンバーのほとんどが着いていて、
紙テープの芯抜き作業も10時には終わった。
開門までの一時間はあっという間に過ぎ、
中に入ってからは画用紙を配布、紙テープ配布して、
12時45分からは全体ミーティング。
智の新しい応援を再確認して、応援をしながら観客席へ戻る。
時間は1時を過ぎていよいよ選手が練習に入ってきた。

朝は肌寒かったがこの頃には応援していると熱いくらい。
長袖シャツを脱ぐと同時にジアロコTシャツから28番ユニに着替える。
今年買った28番の堀川ユニ。
ナビスコで着用して5戦5勝の必勝ユニ。

応援開始。いつもは練習の時の応援は、
喉のウォーミングアップを兼ねている感じですが今日は最初から全開。
少しでも選手に気持ちを届けたい。選手を後押ししたい。
「応援する事が決勝へ連れて来てくれた選手への恩返し」
ジアロコミーティングでの言葉で気持ちは高まった。
カメラも持ってきて準備はしているが撮る気まったくなし(笑)
試合後に優勝して喜ぶ選手を撮ればいい。
試合終了の笛が鳴るまでは100%応援に集中。

改めて選手入場。
ゴール裏はビッグフラッグを中心に黄色と緑で埋め尽くされる。
観客のジェフと鹿島の割合はちょうど50:50。
メインもバックスタンドも真ん中で綺麗に赤と黄色に分かれた。

そしてついに決戦のキックオフ。
決勝という負けたくない特別な舞台では
リスクを負いたくない気持ちから守備に気持ちが傾きがちだが、
坂本がベンチで晃樹がスタメンである事で
ジェフが攻めて優勝を勝ち取ろうとしているのは明白。
去年は初体験の決勝に選手の緊張もあって
なかなか良い攻撃が見れなかったが今日のジェフは違った。
勇人のミドルを皮切りに何度も鹿島陣内に攻め込み、惜しい場面を作った。
ペナの中での羽生の切り替えしからのシュート。
智のヘディング。そして巻の右足のシュート。
しかし、どれも曽ヶ端に阻まれてしまう。
守備陣もそれほどピンチを作る事もなく、
ミスがあっても周りの適切なカバーリングで難を逃れる。
ハースの負傷退場は大きな誤算ではあったが、
まずまずの内容で前半が終了。

ハーフタイム。応援で疲労困憊の俺(汗)
攻めている時は少しでも選手の背中を押したいし、
「もし応援を休んで点が入ったら絶対後悔する。」
守備の時は絶対に応援の力を抜かない。
プレーが切れている時は選手の耳に声が一番届く時。
休む暇はまったくなかった。

後半になって鹿島が猛攻を仕掛けてきた。
前半はカウンターからの攻撃が多かったが
後半はボールを支配しつつジェフゴールを襲う。
反対側のジェフ陣内に押し込まれジェフの選手達が遠い。
「もっと声出さないと反対側まで届かないぞ!」
ジアロコのなかさんの激でより気合を入れて応援。
ジェフはボールを奪ってもなかなか攻撃がうまくいかず、
かなり危険な時間帯となったが
グッピーを中心に選手は必死に守った。

15分が過ぎた頃ジェフにチャンスが生まれる。
晃樹がフェイントで右サイドを突破して
思い切ってシュートを放つが枠外に外れてしまう。
角度がなく中にあわせた方が確率的に良かったが、
このアグレッシブさがあるから晃樹なんだ。
続いて、カウンターから阿部が飛び出して
決定的な場面を作るがシュートに力がなくGKに止められる。
チャンスを決めれずどうしても欲しいゴールを遠い。

35分、ついについに歓喜の瞬間が訪れる。
左サイドの坂本のサイドチェンジを
晃樹がワントラップしてからシュート。
ボールは曽ヶ端の手の先を抜け、サイドネットに突き刺さった!
ゴールを決めた晃樹はベンチに向かって走りアマルと抱き合う。
普段は表情を出さないアマルのガッツポーズ。
この一点の重みを誰もがわかっていた。
ゴール裏はこれ以上ないほどの狂喜乱舞。

まだ勝ったわけではない。
残り10分、切り替えて最後まで集中が必要。
オブラディ、アイーダと喜びモードが続くゴール裏に
浮かれすぎな不安をかすかに感じたが
そんな心配をあっさり振り払う2点目が生まれた。
晃樹の右CKを阿部がヘディングでゴール。

鹿島は選手を3人交代し、
最後まで諦めらず攻めたがそれをジェフは跳ね返した。
数えるほどしか完封した事がないジェフが決勝の大舞台で完封。

連覇達成。
去年のPK戦の盛り上がりも良かったが、今年は90分での決着。
試合内容も良かったし、素晴らしいゴールも決まった。
これ以上ない本当に最高の試合だった。

表彰式が始まり、MVPはもちろん晃樹。
インタビューの後ろにチラチラ映ろうとする勇人に爆笑。
おかげでインタビューの内容がまったく頭に入らず(笑)

表彰台から選手が降りてきて、
今度は去年なしえなかった監督の胴上げが実現。
アマルの「危ない」という日本語コメントも笑えた。
最後に選手がバックスタンドから場内を半周。
ジェフサポの歓声に応える選手達。
今年は手作りカップの数が倍増している(笑)

試合後に紙テープなどのゴミを集めて、
最後にジアロコでミーティング。
「ナ!ビ!スコ!」のコールで締めて一端解散。

ほとんどの人がそのままの足で
フクアリの報告会に向かうのであった。

当日の朝までユニフォームを誰のにするのか迷いに迷って、結局は大好きな晃樹のユニにしました。タオマフも8番!久しぶりに統一しましたよ。
朝は始発の次の電車に乗って行きました。すると車内は赤ばっか…(汗)
朝がんばったかいあって、ゴール真裏の前の方をとれましたよ!!

試合は去年みたく慎重にプレイしてなかったですね。最初から攻めてました!去年の経験あってこそだと思います。

晃樹のゴール、初めて生で見ました…すごいミドルシュートでしたね!!晃樹は攻撃の中心になるなど最近キレキレで素晴らしいです!!

それから優勝報告会!今年はフォーがなくって残念でしたけど(笑)帰る時に晃樹がジェフィの頭をとろうとしていたのがかなり面白かったです!!
すごく詳しい決勝戦観戦記で、文章から臨場感・そして一生懸命必死に応援されている姿がとても感じられました(*^_^*)
今もまだ嬉しさがこみあげてきます!(^^)!

前回コメントをいただいた時に『メールフォーム』の事を書いて下さっていたのですが、『メールフォーム』とはなんなのでしょうか…?&どうすればよろしいのでしょうか…?
あまりパソコンの事は正直知らないもので…(;_;)
すみませんが、教えていただけませんか??
>ハルキさん
決勝での晃樹の素晴らしいミドルに
ガビの幻影を見たのは俺だけでしょうか?
サイドネットに決まるミドルは
去年の準決勝の浦和戦のガビのミドルに近かったような。
御守貼ったおかげかな(笑)
坂本がスタメン落ちで涙したという事で
晃樹、智、坂本の3人によるサイドのレギュラー争いは激しいものになりそうですね。
>千尋さん
失礼しました。
携帯からだとメールフォームが表示されないので
何の事だかわかりませんよね。
もしPCをお持ちのようでしたPCでこのページを見れば
左下からメールが送れるようになっているので
そちらからメールを頂きたいんです。
もし携帯のみの場合は携帯から
amploud2005☆hotmail.co.jp
(☆を@に代えてください)までメールをもらえませんか?











管理者宛の投稿

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

アキ

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。