月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェフレディースの選手の入退団まとめ。

退団

・柴田里美
・石田美穂子

母校の武蔵丘短期大学のフットサルチームでプレーする模様。


・日置ちはる
・西口柄早
・牧野愛美
・白鳥綾
・吉本宏美
・齋田由貴

L1経験者という触れ込みで加入した戦力がことごとく退団。
ケガや出場機会などそれぞれに理由があると思うが、
現時点で誰も他チームへの移籍も発表されていないを見ると
引退という事なのだろうか?
齋田は自身のブログで引退を発表。

石田美穂子の退団をきっかけに大量離脱になった印象があるが、
吉本宏美を除けば、昨年終盤は出場機会がほとんどなかった選手達であり、
実際は石田美穂子の退団は一番最後に決まっているのて、あまり関係はなさそう。


・三上尚子
ジェフレディースU-18コーチに就任。


・三盃祐子
・岡上麻里

昨年をケガのリハビリに費やした二人。
個人的には三盃祐子のユニフォーム姿をもう一度見たかった。


・小川志保

開幕直前にINACに移籍。
タイミングがタイミングだけに不安を抱いた人もいるかも知れませんが、
INACが小川を高く評価、オファーが来て、本人がチャレンジする決断を選択。


・後藤史

メンバーに名前がない理由は人づてに聞いたが発表がないので…
シーズン途中にでも復帰する可能性があるという事なのか…?


入団

・千野晶子

浦和レッズレディースから加入したDF。
ジェフ加入後は左サイドバックでプレー。
DF陣が手薄なだけに出場機会はありそう。


13人が退団し、加入は1人だけという事でかなり人数は減りました。
もともとが多すぎたので人数が少ないという感じはしませんが
昨年レギュラーとして出場していた選手の大量退団は
戦力的に厳しいという見方をされても仕方ない感じです。

実質GMを兼ねていた石田美穂子の退団で
昨年までのような即戦力が来る事がなくなったのはともかく
高校、大学の新卒の選手まで一人も来なかったのは気になります。


2010年 メンバーリスト

#1 船田麻友
#2 高橋佐智江
#3 浅野麻衣子
#5 細川元代
#6 花桐なおみ
#7 河村真理子
#8 深澤里沙
#10 山田頌子
#11 井上由惟子
#13 手塚沙央里
#14 金野結子
#15 河村乃里子
#17 阿部麻美
#18 綱川玲奈
#19 海老澤有香
#20 井上友利恵
#21 杉浦真生
#22 安田有希
#23 清水由香
#24 千野晶子
#25 島田綾子
#26 加賀孝子
#27 山本菜桜美

スポンサーサイト

いよいよ今週末に開幕が迫ったなでしこリーグ。

フクアリで行われる開幕戦に一人でも多くのジェフサポが足を運んでくれるように
今週はジェフレディース告知週間と銘打ってなでしこリーグに関する情報をまとめて行きます。

まずは大きく変わったなでしこリーグについて。

昨年まではなでしこリーグDiv1、Div2と表記されていましたが、
今年からはトップリーグが「なでしこリーグ」
2部リーグが「チャレンジリーグ」という名称になります。

それに伴い、なでしこリーグは2チームが増加。
全10チームが2回戦(H&A)総当たりリーグ戦で優勝を争います。

全18節。

参加チーム

・浦和レッドダイヤモンズレディース
・日テレ・ベレーザ
・東京電力女子サッカー部マリーゼ
・INAC神戸レオネッサ
・ジェフレディース
・岡山湯郷Belle
・アルビレックス新潟レディース
・ASエルフェン狭山FC
・伊賀フットボールクラブくノ一
・福岡・Jアンクラス


チャレンジリーグは新たに4チームが加盟。
EAST、WESTと東西6チームずつに別れ、
それぞれが3回戦総当りリーグ戦を行います。

全15節。

参加チーム

EAST
・ノルディーア北海道
・常盤木学園高等学校
・JFAアカデミー福島
・日本体育大学女子サッカー部
・AC長野パルセイロ・レディース
・清水第八プレアデス

WEST
・スペランツァF.C.高槻
・静岡産業大学磐田ボニータ
・バニーズ京都
・アギラス神戸
・ジュ ブリーレ鹿児島
・ルネサンス熊本フットボールクラブ



入替戦のレギュレーションは
チャレンジリーグ上位2チーム同士が
総当りリーグ戦を行い優勝チームが
なでしこリーグの最下位チームと対戦。


今季からなでしこリーグ公式サイトで動画を配信予定。
7節以降は生中継も予定されているので
なかなかスタジアムに行けないという方もチェックしてみて下さい。

ユナパでちょっとTGを観戦。寒くて死ぬ…

100328a.jpg
草津サポーター。試合前なので試合の時はもっといたと思う。

最初は気づかずにあの赤は何かと思ったら湯もみの方達が。
アウェーにも来るんだ~と感心(笑)

観客は何とか10000人越え。

アップ時の応援自粛をまた実施。
正直、あんなにクソ寒いのに応援しないとか意味わからん。
あれだけ寒けりゃいつもは跳ばない人も跳ぶぞ(笑)

キックオフと同時に全開で!って言うけど、
喉にもウォーミングアップは必要だと思うのだが…

櫛野、倉田、ネットがスタメン。

少しメンバーが変わっても内容に大きな変化は生まれず…

鳥栖戦などに比べれば反撃される場面もあまりないが、チャンスもほとんどない。

足元へのパスを繋いでいるだけで何も状況が変わらず、ミスしてボールを取られるだけの繰り返し。

時間だけが過ぎていく。

これまでの試合の前は「3-0ぐらいで勝って欲しい」という希望を毎回描いていた。
今回の相手は最下位の草津である。大勝に期待しても仕方ない所ではあるが、
徳島に完敗した事で甘い希望は全て捨てた。今のジェフはそれぐらい弱い。

鳥栖戦では0-0が続いただけでイライラしていたが今回は心構えが違う。

それでも後半になっても状況に変化は見られず…

セットプレーで失点。

ようやく俺の応援魂にエンジンがかかった。

やっぱり負けているときの方が応援に力が入る。良い事なのか悪い事なのかわからんが…

4-4-2にして積極的にクロスをあげるようになってからスタジアムの雰囲気が変わる。
実際には惜しい場面でなくともゴール前をボールが通過するとそれだけで何となく盛り上がる(笑)

何度もCKの場面があったが決定的な場面は生まれず。

ミリガンが倒されてPK獲得!と思ったらなぜかFK…
映像を見たらミリガンも相手もボールもすべてペナの中だが…
笛を吹いた瞬間にボールが出たようにしか見えないが…
しかも審判は見やすい位置にいたから余計に謎だ…

一瞬の隙を突かれて失点して、審判の判定に泣かされて負けるなんて最悪だ。
絶対ゴール決めてやらねば!

その期待に応えたのは青木孝太。孝太の出場自体いつ以来だろう…
ネットのヘッドの落としをトラップからシュートでニアサイドをぶち抜いた!
ロスタイムにはアレックスのFKが相手に当たってラッキーゴール。

内容は褒められたものではないが、勝点だけはしっかりと取れた。

100328b.jpg
バカ騒ぎするテンションでもないので、でんぐりを撮影。

100328c.jpg
ゴール裏で孝太がマイクパフォーマンス。
前回のヨネに続いて、期待の若手が少しずつ結果を出して伸びてきているのは嬉しい。

攻撃の不調の原因とまで言われた巻を外して、
期待の倉田を起用してもこの内容。
もはや誰が出ているからダメという状況ではないような…
今のジェフに4-3-3自体が無理なのではという気も…

特に巻が入ってきた時にネットが自らハイタッチしに行ったのが凄く印象的だった。
ワントップという一つのポジションを争うライバルの出場を歓迎したのは
ジェフでワントップを張るという事がどれだけ大変かを物語っているのではないかと。
2トップになってから攻撃の迫力も増して、結果的に2ゴールが生まれたわけだし。

勝った時はチームをいじるなというのは鉄則ですが、
次の試合のスタメンはこの試合の終盤の形を頭から見てみたい気がします。

群馬県に本拠地を構えるザスパ草津。
昨年の成績は10位。
監督は今季よりC大阪などで指揮をとった副島博志。

昨年のチーム得点王の都倉が神戸に移籍、
主力の離脱でチーム力は大幅にダウン。
3節を終えて3連敗で得点0の最下位。

前節のメンバー

GK:#21常澤
DF:#7佐田、#18御厨、#2戸田、#16佐藤(→#14 熊林)
MF:#25山田(→#11氏原)、#30松下、#6櫻田、#27 杉本(→#10廣山)
FW:#8ラフィーニャ 、#9高田

ジェフサポ的注目選手は#2戸田和幸と#10廣山望。説明不要の二人。
ここでは手抜きな紹介で終わらせますが、
チームはしっかりスカウティングして試合に臨んでいる事を願います。

前節、徳島のJ2の厳しさを痛感させられた後だけに
気を引き締めて臨むべき一戦。
前節の敗戦を糧に再びジェフが上昇できるかどうかが注目。

最下位相手でも「勝って当然」というような余裕はジェフにはない。
少しうまく行かないからとすぐに不満げな雰囲気を出すのではなく
選手が走りきれるように後押しする雰囲気作りを
サポーター一人ひとりが心がける事も重要です。

2010/03/22

徳島戦

早くも黒星がついてしまいました。

立地環境のせいでスカパーが映らない俺は
PCでJ's GOAL!のスコア速報と公式のテキスト実況を見ていたんですが、
90分もテキスト観戦は結構退屈なので、後半ちょっと席を離れていて
戻ったら0-3になっていた時はわが目を疑いました。

前節の勝利で変なプレッシャーからは開放されて勢いもでるかと思いきや…

例によって応援に行っていないので特に文句もないんですが…

結果と内容の両方を追求する事がいかに難しいかというのを
監督も選手も痛感したんではないでしょうか?

パスをまわして相手を圧倒して、ゴールを量産できれば一番ですが
それが簡単にできればどのチームをやってるでしょうし。
その理想を実現するために努力してはいても
相手はそれをぶち壊そうとしてくるわけですから。

理想と現実にどう折り合いをつけてやっていくか?

エジさんが発した「ゼロからの仕切りなおし」はどういう意味なんでしょうね?
選手を入れ替えるのか、もしくは結果を重視の手堅い方向に転換するのか?
あるいは今までやってきた事をさらに徹底して精度を上げるのか?

期待という意味ではこれまでと同じではなく、
何らかの変化が欲しいと言うのが本音です。

今のままを続けていればいずれ結果が出るとしても、
そこまでに落とした勝点を取り戻せるのか?

もしチームの雰囲気とか選手の気持ちに問題があるなら
個人的には巻を外すぐらいの英断をすれば
チームは戦う集団になるんじゃないかと思ったりしてます。

別に巻だけが悪いわけじゃないですが
巻ですら特別な存在ではないと示す事は
健全な競争である事の証明にもなりますし。

ジェフサポでも巻のプレーに不信感を抱いている人はいるようなので、
ネットや他のFWを出して結果が出るもよし、
代えてもダメなら巻の評価が相対的に上がるもよし。

結果の出てない巻を使い続ける事は巻を追い込むだけなような気がします。
巻が活躍してジェフが勝つのが理想なのは言うまでもありませんが。

草津戦をどういうメンバーを組んでくるのかが楽しみでもあります。

「ジェフを戦力外になった選手がよく行くチーム」
そんなイメージがあるチームでしたが、調べてみたら
現在所属選手で元ジェフの経歴を持つのは羽地登志晃だけ。

監督は美濃部直彦。2008年に監督就任。
2009年は3年連続最下位だったチームを9位に引き上げた。

ここまでの戦績
草津 〇1-0
北九州 〇3-1

2連勝を飾ってはいるが、相手チームはどちらも2連敗のチーム。
ジェフとの試合は連勝の勢いが本物かどうかが問われる一戦になりそう。

前節の出場選手

GK:#23日野
DF:#25平島、#20ペ、#2三木、#3輪湖(→#5登尾)
MF:#倉貫(→#29六車)、#14 濱田、#15青山、#13柿谷(→#7徳重)
FW:#11津田、#19平繁

J2での経験が豊富な倉貫、島田、三木のベテラン勢、
年代別代表歴のある青山、柿谷、ペ・スンジン、
J1経験もある若手の津田や平繁など
個々だけを見ても面白いチームになっている。

注目選手は独特のボールタッチを魅せる柿谷に
スルーパスでチャンスを演出する倉貫。
俊敏性に優れてアグレッシブに突破を仕掛けてくる津田も要注意。

というわけで俺は今回も欠席です。
現地に応援に行かれるジェフサポの皆様がんばって来て下さい。

100314_140551.jpg

2010年ホーム開幕戦。

自由席抽選がキックオフ4時間前に固定になったので
ゆっくりと出発できるのは楽でいい。
抽選参加者が増加するかと思いきや、そこまで多くもなかった。

新加入選手のコール
#6山口:ヤマグチ *** ヤマグチ*** ヤマグチ***
#7勇人:ユート *** ユート *** ユート ***
#14倉田:クラタ *** クラタ *** クラタ ***
#19村井:ムライ *** ムライ *** ムライ ***
#27渡辺:ワタナベ *** ワタナベ *** ワタナベ ***
#33茶野:チャーノ チャーノ チャーノ ***

ミリガンはよくわからなかった。新曲ゴリ押しする前に告知するべき事だと思うが…

キックオフ一時間前には決起集会という名の新曲練習会。
新曲はキーが低いので久々の応援のウォーミングアップにはちょうど良かった(笑)
長々と歌詞がある方はあれをゴール裏全体が覚えて
歌うようになるのに何年かかるのかって感じ。
J2昇格の歌なので今年一年限定の予定なんだから
もっとシンプルなやつにすればいいと思うのだが…

新曲を作る事に文句はないんだけど、
作った側の「早く使いたい」って気持ちと
ろくに告知もせずに歌わされる側の気持ちが
かけ離れすぎて一体感がまったくないのが凄く嫌。
ちばぎんではメインで新曲を聴いたけど、
ゴール裏の中心以外は完全にしらけちゃってたし。

そんな感じで試合。

前半はかなりグダグダ。米倉のバー直撃弾以外にチャンスらしいチャンスもなかった。
ミリガンのロングスローは今までのロングスローのイメージをぶっ壊す威力だったが(笑)
前半印象に残ったのは山口のカバーリング範囲の広さと運動量。
あの働きぶりを見ると山口がいないと今のやり方は成り立たないのではないかと心配になる。

目の前で見た感じではセットプレーでの守備がかなり怪しい(汗)
相手をフリーにしていたりで入っていてもおかしくない場面が度々。

0-0の時間が長く続くと微妙に焦りを感じてきてしまった。
「昇格」という目標はプレッシャーとの戦いでもあると実感。
スタジアムからは何度も大きなため息が洩れた。

後半、スタジアムを包んでいた停滞の雰囲気を米倉が吹き飛ばす。
右サイドで浩平からのパスを受けて、ニアサイドをぶち抜いた!

ヨネクラコーキー オオオー オオオー♪
米倉のチャントは中島浩司の流用。

数分後、ジェフのプレスで相手のパスミスを勇人が凄いスルーパス。
走りこんだ米倉はGKの頭上を抜くループを決めて2-0。

開幕戦で取れなかった追加点を取れたのは大きい。

久々の応援にも関わらずここでテンションメーターが振り切れて喉潰れる(笑)

こうなると他の選手にもゴールが欲しいと思っていると
米倉が強引にドリブル突破から3点目を狙ってシュート(笑)
こういうゴールに対する強い気持ちが結果に繋がっただろう。

その後も浩平や深井に惜しいシュートがあったが、決めれず。
リードしたことでポゼッションサッカーが光るかと思ったがそんな事もなく…
鳥栖にもあわやという場面も何度もあり
決して「完勝」というにはほど遠い内容だった。
少なくとも「昇格の手応えを感じた」という試合ではなかった。

フクアリ移転以降で初となるホーム開幕戦勝利も少し微妙な気持ちで迎えた。
とにかく勝点を積み重ねながら内容の向上を図って欲しい。

試合後はでんぐりとバンザイ。谷澤も良太もいないので淡々と終わった。

一勝で大騒ぎせずに気を引き締めるべきだと思う反面、
J2だから勝って当たり前という前提を置くのも慢心ではないのか?と思ったり。
初のJ2での試合はサポーターもモチベーションの保つ方が難しいのを痛感した。

あまり強いチームの印象はなかったのですが、
2009年5位、2008年6位と好成績をキープ。
ジェフの昇格争いのライバルになりそうな存在。

監督は松本育夫。2004年から監督、GMとして鳥栖を知り尽くす男。
開幕戦はホームで札幌と対戦。
21分に先制されるも。84分に飯尾のゴールでドローに持ち込む。

前節の出場選手

GK:#21室
DF:15丹羽、#2木谷、#5飯尾、#3磯崎(→#13日高)
MF:#11野崎(→#25早坂)、#8衛藤、#6藤田、#10キム
FW:#7 山瀬 (→#18萬代)、#9豊田

注目選手。

MF:#7 山瀬幸宏
横浜FMの山瀬功治の弟。昨年途中に鳥栖に移籍。
MFながらもFWも務める。

MF:#10 キム・ミヌ
今季新加入の韓国U-20代表。
ドリブルにパスに非凡なセンスを持つ。
札幌戦では同点ゴールをアシスト。

FW:#9 豊田陽平
一昨年、山形の昇格に大きく貢献するも
京都復帰後は結果を出せずに再びJ2の舞台へ。


攻撃的なサッカーを目指しているので
守備を固めてくる相手よりはやりやすいと思われる。
開幕戦でJ2の洗礼を味わったので
気を引きしめてホーム開幕戦を迎えましょう!

レナウンでTGを見学してきました。
先週に引き続きまたしても雨(汗)

試合は60分×2本で行われました。
1本目:1-2(得点:深澤)
2本目:3-0(得点:海老澤、河村乃、金野)

男子中学生のクラブチームが相手なので苦戦するかと思ったら快勝。

a 198

1本目が終了した辺りで雨が止んだので撮影を試みるが…
ゲーフラデザインのためにはプレーしてる写真が欲しいので
止まってる時の写真ばかり撮ってきた俺にとって
動いてる選手を撮るのは難易度が高い(汗)

ピッチ脇という選手からしたら邪魔であろうポジションで撮っていたにも
関わらず良い写真はまったく撮れず…カメラマンとしての実力不足を痛感。
応援メインでやってきたんだから当然だが(笑)
天気が悪いから明るさ不足でよりブレやすくなるし。

去年から作ろう作ろうと思いながらも
なかなか作れなかった山田頌子のゲーフラをようやく作成したので
サインをもらってきました。

10lgf10.jpg

今年は背番号10を背負い、U-20代表にも選出されている期待の星。
ヤマのスルーパスは必見です!

プレー中の写真にこだわるのは
今年から全身の絵をゲーフラに入れるという試みに挑戦しているからなのです。
これがまたなかなか上手く行かないのだが…

2010/03/10

熊本戦

現地に行っていない試合のブログでの扱いをどうしようか悩み中(笑)
ハイライトしか見ていないのに感想をあれこれ書くのもどうかと思うが、
まったく触れないというのもあれだし。

今回は負けに等しいドローという事で
どうしても感想も批判的な内容になってしまう。
でも、見に行ってない人が試合に苦言を呈するのはおかしいと思うし。

試合に行くか行かないの判断は各自ですればいいし、
自分ができる事をやれば、それでいいかとは思いますけど、
どんな理由があるにせよ「試合に行かない」という判断をした人が
「試合の重みをわかってるのか!」とキレてもまったく説得力ないし。
重みがあると思うならまず自分が試合に行けよと(笑)

現時点で熊本戦の結果をポジティブに捉える事は難しいですが、
あまりにネガティブな感想を書き連ねてもしょうがないという事で。
書く事で書き手は多少はストレスが発散されるかも知れませんが、
それを読んだ人がそれでネガティブな発想になって蔓延したら
トータルでマイナスになってしまいますからね。

サポが試合にネガティブな感情を抱いて臨んでもしょうがないので
できるだけポジティブにホーム開幕戦を迎えたいものですが、
熊本まで駆けつけたジェフサポがどういう感想を持ったかはわかりませんが、
行かなかったサポが「行けば良かった!」と思う試合ができなかったのは
フクアリ開催の観客動員に響いてくるかも知れませんね。

いくら悔やんでも落とした勝点は戻ってこないので、
次の試合でサポーターが満足するような試合が行われる事に期待しましょう。

明日、ジェフが開幕戦を迎えます。

俺はJ2の試合を一回も見に行った事がありません。
チーム名ぐらいは一通り把握してるつもりですが、
今週から始まるJ2ライフを楽しく過ごすためにも
相手の事を少しずつ調べて行こうと思います。

展望なんて偉そうなもんではありません。
最低限の予備知識みたいな感じです。

初回は開幕戦の相手ロアッソ熊本。

2008年にJ2に加盟。
2008年は12位、2009年は14位。

今季より高木琢也が監督に就任。
堅守で横浜FCを昇格に導いた手腕は熊本でも発揮されるのか?
昨年は東京Vの監督でしたが成績は奮いませんでした。
ただ、チーム存続の危機の話題で持ちきりだったチーム状況を考えれば、
誰が監督をやっていても好成績が残せたとは思えません。


注目選手。
ケガ人情報まで把握していないので出場しなかったらごめんなさい。

GK:#18 南雄太
かつての柏の守護神は菅野に正GKの座を奪われ
遂に昨年はリーグ戦の出場がゼロ。熊本で再起を図る。

MF:#23 西弘則
ルーキーながらもで43試合8ゴールとブレイク。
168cmと小柄ながらも得意のドリブルでチャンスメイクする。

MF:#28 藤田俊哉
磐田の黄金期を支えた38歳の大ベテラン。
去年は50試合出場と鉄人ぶりは相変わらず。

FW:#10 松橋章太
大分所属時代にはJ1で10ゴールを決めた俊足アタッカー。
新加入でエースナンバー10を背負っている事だけどもチームの期待が伺える。


未知数のJ2での戦いに欠席の俺までドキドキしてきました。
わずかな不安を吹き飛ばす快勝に期待します!

なでしこリーグの日程が発表されました。

フクアリ1試合(リーグカップで2試合)
臨海3試合
東総3試合
鴨川2試合


Jリーグと一緒に順番に並べてみた。

J 3月7日 日 15:00 ロアッソ熊本 熊本
J 3月14日 日 16:00 サガン鳥栖 フクアリ
J 3月21日 日 13:00 徳島ヴォルティス 鳴門大塚
J 3月28日 日 16:00 ザスパ草津 フクアリ
L 4月4日 日 13:00 岡山湯郷Belle フクアリ
J 4月4日 日 15:00 ギラヴァンツ北九州 本城
L 4月11日 日 12:00 福岡J・アンクラス 市原
J 4月11日 日 16:00 横浜FC フクアリ
J 4月18日 日 13:00 ファジアーノ岡山
L 4月18日 日 13:00 INAC神戸レオネッサ ホムスタ
L 4月24日 土 13:00 TEPCOマリーゼ 市原
J 4月25日 日 16:00 FC岐阜 フクアリ
J 4月29日 木祝 13:00 栃木SC 栃木グ
L 4月29日 木祝 13:00 日テレ・ベレーザ 大和
J 5月2日 日 16:00 大分トリニータ 大銀ド
L 5月4日 火祝 13:00 浦和レッズレディース 市原
J 5月5日 水祝 18:00 カターレ富山 フクアリ
J 5月9日 日 14:00 アビスパ福岡 フクアリ
J 5月22日 土 19:00 東京ヴェルディ フクアリ
J 5月29日 土 13:00 水戸ホーリーホック Ksスタ
J 6月6日 日 16:00 愛媛FC フクアリ
J 6月12日 土 16:00 ヴァンフォーレ甲府 小瀬
L 6月27日 日 13:00 伊賀フットボールクラブくノー 鈴鹿
L 7月3日 土 13:00 ASエルフェン狭山FC 熊谷
J 7月18日 日 19:00 コンサドーレ札幌 フクアリ
C 7月19日 月祝 13:00 アルビレックス新潟レディース フクアリ
C 7月24日 土 14:00 TEPCOマリーゼ Jヴィレッジ
J 7月25日 日 18:00 柏レイソル 柏
J 7月31日 土 19:00 大分トリニータ フクアリ
C 8月1日 日 16:00 浦和レッズレディース フクアリ
C 8月8日 日 15:00 伊賀フットボールクラブくノー 上野
J 8月8日 日 19:00 サガン鳥栖 ベアスタ
J 8月14日 土 19:00 ロアッソ熊本 フクアリ
J 8月22日 日 18:00 FC岐阜 長良川球
J 8月28日 土 19:00 ファジアーノ岡山 フクアリ
L 8月29日 日 13:00 アルビレックス新潟レディース 東総
L 9月5日 日 13:00 岡山湯郷Belle 美作
L 9月11日 土 13:00 福岡J・アンクラス 小郡
L 9月12日 日 未定 アビスパ福岡 レベスタ
J 9月18日 土 13:00 INAC神戸レオネッサ 鴨川
J 9月19日 日 未定 柏レイソル フクアリ
L 9月25日 土 13:00 TEPCOマリーゼ Jヴィレッジ
J 9月26日 日 未定 栃木SC フクアリ
L 10月3日 日 13:00 日テレ・ベレーザ 東総
J 10月3日 日 未定 カターレ富山 富山
L 10月10日 日 未定 浦和レッドダイヤモンズレディース 駒場
J 10月17日 日 未定 水戸ホーリーホック フクアリ
L 10月17日 日 12:00 伊賀フットボールクラブくノー 鴨川
J 10月23日 土 未定 横浜FC ニッパ球
L 10月24日 日 14:30 ASエルフェン狭山FC 東総
L 10月31日 日 13:00 アルビレックス新潟レディース 東北電ス
J 10月31日 日 未定 ヴァンフォーレ甲府 フクアリ
J 11月7日 日 未定 コンサドーレ札幌 未定
J 11月14日 日 未定 東京ヴェルディ 味スタ
J 11月20日 土 未定 ギラヴァンツ北九州 フクアリ
J 11月23日 火祝 未定 ザスパ草津 正田スタ
J 11月28日 日 未定 愛媛FC ニンスタ 未定
J 12月4日 土 未定 徳島ヴォルティス フクアリ

J=Jリーグ L=なでしこリーグ C=なでしこリーグカップ


試合日が被っているのは8試合。土曜開催が予想以上に多くて意外と被ってなかった。

L 4月4日 日 13:00 岡山湯郷Belle フクアリ
J 4月4日 日 15:00 ギラヴァンツ北九州 本城
ダブルヘッダー不可→フクアリ

L 4月11日 日 12:00 福岡J・アンクラス 市原
J 4月11日 日 16:00 横浜FC フクアリ
ダブルヘッダー可(抽選、優先入場不可)

J 4月18日 日 13:00 ファジアーノ岡山
L 4月18日 日 13:00 INAC神戸レオネッサ ホムスタ
ダブルヘッダー不可→行くとしたホムスタ

J 4月29日 木祝 13:00 栃木SC 栃木グ
L 4月29日 木祝 13:00 日テレ・ベレーザ 大和
ダブルヘッダー不可→おそらく栃木

C 8月8日 日 15:00 伊賀フットボールクラブくノー 上野
J 8月8日 日 19:00 サガン鳥栖 ベアスタ
ダブルヘッダー不可→両方行かない

L 10月3日 日 13:00 日テレ・ベレーザ 東総
J 10月3日 日 未定 カターレ富山 富山
ダブルヘッダー不可→東総

J 10月17日 日 未定 水戸ホーリーホック フクアリ
L 10月17日 日 12:00 伊賀フットボールクラブくノー 鴨川
トップの時間によってはダブルヘッダーできそう。できない場合はフクアリ

L 10月31日 日 13:00 アルビレックス新潟レディース 東北電ス
J 10月31日 日 未定 ヴァンフォーレ甲府 フクアリ
ダブルヘッダー不可→フクアリ

9/11~12にうまい具合にトップ&レディースの福岡2連戦があります。
目標は40試合ぐらい。


あと、安田有希の身長が間違ってるよ(笑)

2010/03/03

プロレス

最後は新日本プロレス。2/14の両国国技館。

続きを読む

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。