月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェフ公式サイトにFC東京戦での
社長挨拶の予定が記載されていませんが、
もしかしてないのかな?

降格が決まって、すぐにスポンサーへの挨拶周りはしたようですが、
ホームスタジアムのサポーターへの言葉はないというのだったら…

三木社長が苦しいからと逃げ隠れするような人物とは思ってませんし、
すぐ来週にホーム最終戦があり、
例年通りなら社長挨拶の場があるので、
そこでまとめて報告という感じになるのかも知れません。

等々力でも社長はトラメガで話をしましたし、
公式サイトでも降格した事に関するコメントが出ました。
ただ、等々力では「アウェーだから」と収集した経緯もあるので、
FC東京戦を何事もなかったかのように終えてしまったら
試合後に荒れてしまう可能性もあるのではないかと…

今までサポーターとしてできる事を色々と模索してきましたが、
一番重要なチームがしっかりしていなければ
サポーターが何をしようと微々たるもの。

来年、ジェフというチームはどういう目標を持って
それを実現するために何をしていくのか。

一人でも多くのジェフサポーターが
「変わらずジェフを応援したい」という気持ちになるような話を
一刻でも早く聞かせてもらえる事に期待しています。


降格後の初めてとなるフクアリでの試合。
サポーターとしては来年以降を見据えた場合、
FC東京戦を単なる消化試合の雰囲気で迎えない事が大事だと思います。

降格が決まったといっても
ホーム1勝でシーズンを終えて良い訳がない!

スポンサーサイト

11月8日(日)、川崎フロンターレ戦。
現地で観戦して、降格の瞬間を見届けてきました。

なかなかブログを更新する気力が起きずに天皇杯の試合の日になり、
試合後にまとめて更新するつもりでしたが、
川崎戦の後に自分なりに前向きになるために色々考えた事は
今日の敗戦で木っ端微塵に打ち砕かれました。

今日の岐阜戦は欠席だったので、
試合内容は人づての情報でしかわかりませんし、
スタジアムに行ってないサポに批判する権利はないと思っているので
敗戦に関して何もいう事はありません。

ただ…

今日の試合は「1年でJ1復帰」を掲げたチームの新たなスタートではなかったのか?

選手が今日の試合をどういう心境で向かえたのはわかりませんが、
ジェフの選手が「J1復帰」を目指して一丸となっていない事だけは容易に想像がつきます。

一昨年降格して、一年でJ1復帰を果たして、好成績を残している広島。
彼らは降格が決まった後の天皇杯で決勝まで残りました。

その時、俺は「頑張り所が間違ってるんじゃないの?」と思ってました。
天皇杯を勝ち進む力があるなら、なぜそれをリーグ戦で出さなかったのか?と。

しかし、今思えば、それはまったくの思い違いでした。
J2降格の悔しさをバネにした結果です。
一丸となった力はJ1復帰へと繋がった。

それに比べてジェフは…
等々力で流した涙はなんだったのか…

「今日の敗戦で、J2で戦い抜く難しさを身を持って感じてくれたのであれば…」
それぐらいしか前向きな言葉が見つかりません。

「残り3試合をしっかりと戦う」
J1昇格の前にやるべき命題。
それすらできない選手に昇格など勝ち取れるはずがない。

L1優勝を決めたレッズレディースと埼玉スタジアムで対戦。

091101a.jpg
レッズサポは3500人ぐらい(汗)
ジェフ側のエリアには100人いたかな…

GK:#1船田
DF:#16後藤、#2柴田、#3浅野、#27細川
MF:#6花桐、#14金野、#23清水、#22安田、#19吉本
FW:#9石田

控え:#20三上、#28山田、#11井上、#31海老沢、#8深澤

3試合連続で同じスタメン。
山田頌子が高槻戦以来となるベンチ入り。

花桐なおみがパスの出しどころに困って、
無理に出したパスをかっさらわれて、北本がゴールへ猛進。
カバーに入るが、一歩遅れたタックルはファールの判定。
ライン際の微妙な位置だったが無情のPK宣告。

これを安藤に決められて開始2分で失点。
できれば1分でも長く無失点で抑えたかったが…

6分にまた微妙な判定でマイボールを浦和のスローインにされて
その流れからGK船田麻友の頭上を越えるシュートが決まって0-2。

18分には線審の明らかなオフサイド見逃しから、
安藤が抜け出し、戻ったDFを1対1であっさりかわして3-0。

29分には安藤にハットトリックを達成されてしまう。

まさかの大量失点にテンパったのかジェフレディースは
まったくと言って良いほどボールを繋げない。

ここでジャンボ監督が動く。
花桐なおみに代えて、山田頌子投入。

直後にCKからドンピシャのヘディングを決められ0-5。
ベレーザ戦の0-7を越えそうなハイペースで失点を重ねる。

ただ、ベレーザ戦同様に何点取られても、
絶対にディフェンスラインを下げないジェフレディース。
こうなったら1点取るかどうかが勝負と気持ちの切り替え応援は続く。

42分、スルーパスに反応した清水由香が抜け出して
GKとの1対1を冷静に決めて1点を返す。

091101b.jpg
みっちーゴールのチャントを歌うのは凄い久しぶり。

これで今年1年でL1のチーム全てからゴールを奪った。

1-5で前半を折り返す。

後半もセットプレーなどで2失点を重ねて1-7。

前線から必死にプレスをかけてもビクともしないレッズレディース。
逆にマイボールになっても、速攻で囲まれて奪われてしまう。

87分に再び清水由香がGKと1対1になり2点目をゲット。

091101c.jpg

その後のチャンスを外してハットトリックは逃したが、
浦和から流れの中で2点取れたのは大きな自信になる。

最終的に2-7で終了。

091101d.jpg
試合後にはレッズレディースの優勝セレモニーがありました。

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

アキ

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。