月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年のなでしこリーグカップ。
代表で主力選手のほとんどが不在のベレーザと
ジェフレディースの試合が行われた。
1-5のスコア以上の差を見せ付けられた。
1点を取ったとはいえ。文字通り「別次元」で手も足もでなかった。

あれから1年半。

L1の舞台でベストメンバーのベレーザと戦う日がやってきた。
先週、昨年2位のINACを破ったジェフレディースではあるが、
INACに勝った事がベレーザと互角にやりあえる自信にならないぐらい
ベレーザは女子サッカー界では脅威の存在。
先週、神戸ユニバーで劇的勝利を目にしたサポーター達ですらも
「ベレーザに勝てるんじゃないか?」と口にする人はいなかった。
試合前に応援するチームが負けると思って試合に望む人はいないが
「ベレーザに勝てる」と口にする事はあまりに現実離れしているのだ…

090419.jpg

GK:#30斎田
DF:#16後藤、#3浅野、#28高橋、#5西口
MF:#19吉本、#20三上、#10牧野、#22安田
FW:#9石田、#23清水

控え:#1船田、#2柴田、#31海老澤、#15河村乃、#8深澤

2008年のなでしこチャレンジプロジェクト選出以降、
サイドアタッカーとしてプレーが板についてきた清水をFWに戻した。
今、ベレーザに通用する可能性があるのは清水のスピードだけという事か。

いつもは攻撃的なジェフレディースも今回ばかりは非常に守備的。
個人の技術でもフィジカルでも劣るだけに人数をかけて守るしかない。

最初の10分は何とか凌いで、この調子でいけるかと思った矢先に
華麗にパスをまわされ、木龍にゴールを流し込まれた…

ベレーザの攻撃は個人突破もあるが、このパス回しの速さにある。
あっという間にディフェンスは後手に回り、気づいたから決定的な場面を作られている。

12分で失点。できればもう少し無失点でいたかったが…
だが、選手にそんな気落ちは微塵もなかった。
その後も集中力を切らす事無く、ベレーザの攻撃に耐え抜いた。

前半には何度か攻撃でもチャンスがあった。
清水のスピードと右の牧野、左の安田からのチャンスメイク。
ゴール前での混戦になるとフクアリは多いに湧いた。

前半を0-1。まずまずの結果。

ベレーザはハーフタイムに2人を交代。

後半も清水が最前線でボールを追っかけまわした。
脅威のスピードと尽きることないスタミナ。
快足"みっちー"が所狭しと走り続ける姿には
フクアリに訪れた多くのジェフサポが驚きの声を上げた。

しかし、中盤で不用意にボールを奪われると
もの凄い勢いでベレーザのカウンターが発動。
トップスピードのまま、あっとう間にゴールに攻め寄せ
中央でフリーになっている宇津木がゴール。

わずかにスキも見逃さない。これが女王ベレーザの強さ。

2点差になった事で勝点をかすめ取る事が困難になってしまった。

さらに悲劇がジェフレディースを襲った。
センタリングに飛び込んだ清水がDFと交錯し、地面に激突。
肩を脱臼して負傷交代となってしまう。

交代で入った河村乃は清水に負けないぐらいに走り回ったが
ベレーザDF陣を相手に味方のサポートもない状況では何もできなかった。
ここまで守備に奔走していた選手は前に攻め上がるだけのスタミナも残っていなかった。
残りの15分間でジェフレディースにチャンスが訪れる事はなかった。

CKから岩渕に背面シュートを決められて0-3。
こうなると集中力が切れて、終盤に大量失点のパターンもありえたが
ジェフレディースは最後まで耐え抜いた。
勝点を奪う事が困難になっても選手は試合を捨てた選手は一人もいなかった。

0-3の敗戦でありながらも、サポーターからの盛大な拍手が送られた事がそれを物語っている。

あまりに大きな壁にジェフレディースは跳ね返された。
ただ、ジェフレディースのチャレンジはまだ始まったばかりだ。

更なる高みに向けてジェフレディースがどう成長していくのかが非常に楽しみになりました。

スポンサーサイト

090418.jpg


遅くなりましたがFC東京戦。

久々に行ってきました。国立競技場。
アウェーゴールの爆心地。
といってもかなり後ろの方だったので全然爆心地感はありませんでした(汗)

スタンドの上段のエリアのさらに上の方という事で、
かなり高さがあってピッチ全体を把握しやすいものの、
遠すぎて混戦になると選手は誰が誰だか…
やっぱりフクアリがベストですね。

そして、試合。
ここまで文句なしの活躍で全試合スタメンの谷澤をベンチに置いたのは
東京に去年の苦い記憶をを思い起こさせるミラーの精神的な揺さぶりか?(笑)

そして久々にグッピーが正GKに。
試合前に一般サポの人が櫛野チャントを歌い始め、周りもそれに乗った。
今までだったら、こんな風に勝手に始まった応援は
例外なく無理やり止めてたけど、今回はタイコが続いた。

自分達で責任持ってすべての応援を仕切ろうという心意気もいいけど、
こういう所で懐の広さを見せれるようになったのは成長じゃないかなと勝手に思った。

試合中の応援は「どんな時でも」の新曲が多くてちょっと…
歌詞の内容からして、試合前とか、負けてる苦しい状況で使いたいのかも知れないけど、
基本的に新曲は勝ってる時などサポの気分が乗ってるときに
使っていって浸透させるのが第一じゃないかと思う。
今や盛り上がる応援の部類に入っている「プライド」も最初は散々だったけど、
去年の残留争いで勝っている試合の終盤に多用した事で、
この応援への参加率が一気に上がって盛り上がる応援になった。

曲の良し悪しじゃなくて、どれだけ曲に良いイメージを持たせるかが大事なのではないかと。
少なくとも現状では新曲は全然盛り上がってない。

試合は前半で0-1。

後半が過ぎても得点は遠かった。
正直、応援しているのがキツかった。全然手応えがない。
よくゴール裏は騒ぎたいだけとか、自分達で楽しんでいるだけとか言う人がいるけど冗談じゃない。
負けている時の応援なんて苦しいだけでやめれるもんならすぐやめたい。
でも、サポが状況に応じて応援やめたら終わりだ。
どんな状況でも選手がプレーしている以上は応援を続ける。
俺達にできるのは歌って、コールして選手を勇気付けることだけなんだから。

谷澤が出てきて流れが変わった。
惜しいシュートが続いた。応援にも上昇の兆しが見えた。
そこで巻のゴールが飛び出した。
それがジェフサポ側だった事がまた大きい。
雰囲気が一気に変わった。
「去年の最終戦みたいな事はそうそうない」
そう思っていても誰もが去年の最終戦が頭に浮かべた。

例によってFC東京は浮き足立った。

そして深井のゴールが決まった。
今年一番の歓声!

そして勝利のホイッスル。

オブラディ・ラバンバ・ケンと勝利のメロディーが国立に鳴り響いた。

試合内容はまだまだかもしれない。
それでもこの「勝利」がもたらしたものは大きい。
選手には自信が戻っただろう。

サポーターには去年のようにフクアリをホームするために
頑張れるだけのパワーをこの試合が与えてくれたはずだ。

次はJリーグNo.1の応援を誇る浦和が相手だ。

磐田戦の試合後にブーイングが起こりました。

支えてくれるはずのサポーターから、
ブーイングされる事は選手にとって嬉しい事であるはずがありません。

心を鬼にして、愛すべき選手にブーイングを向ける。
本来なら軽々しくできる事ではありません。

ジェフに限った事ではありませんが、
選手が「ブーイングされて当然」というコメントする事があります。
それではブーイングの意味がなかったも同然です。

5節を経過して、ここまで未勝利である事。
毎回先制しながら追いつかれている事。
最下位の磐田にホームで引き分けてしまった事。

選手自身の方が逃した「勝点2の重み」を感じているはずです。

わかっている事を改めて突きつける事にたいした意味はありません。

奮起を促すためにしたとしたら効果は薄いでしょう。

負けたわけでもない。
試合内容が最悪だったわけでもない。
この一試合だけを見ればブーイングに値したとは思わない。
それでも、フクアリにはブーイングが起こった。

サポーターはジェフの勝利を期待してスタジアムに来ています。
でも、いつまでたっても勝てない。
ストレスがたまる。
結局は我慢ができなかっただけかも知れません。
単なる不満の意思表示。
それ以上の意味はありません。
そんなブーイングに何の意味もありません。
チームの雰囲気を悪くし、選手とサポの間に溝を作るだけです。

去年の残留劇でジェフの選手は
「ジェフサポはブーイングをしない」というイメージを持っていると思います。
それ故にジェフサポがするブーイングは大きな意味を持っていた。
使い道さえ間違えなければ、選手に影響を与えるだけの力があったと思います。

それがあんなに安売りしてしまうとは…

チームを否定する意味でするブーイングは本当に最後の手段です。

今のサッカーじゃダメだ。
今の監督じゃダメだ。
今の選手じゃダメだ。

チームに何らかの変化を要求する意思表示。

プロサッカーは人気商売です。
サポーターがいなければ成り立ちません。
満足が得られないからと無言でスタジアムに来られなくよりは
不満の意思表示をする方がチームのためになる事もあるでしょう。

ただ、まだそこまでの状況ではないはず。

今のチームには足りない物がたくさんあるかも知れません。
それでも、絶望的だと思いません。
まだチームを信じれなくなる段階ではないはず。

どんな時でも応援し続けるのが良いとは言いませんが、
チームのためを思ってのブーイングだとは到底捉えられません。
果たして、磐田戦でのブーイングに何の意味があったのでしょう?

univer.jpg

L1緒戦は場所がどこでも応援に行くつもりだったので神戸ユニバーに行って来ました!

相手のINACは去年2位の強豪チーム。

神戸まで駆けつけたジェフサポは30人近く。
対するホームのINACは声出し応援はしてませんでした。

090412a.jpg

GK:#30斎田
DF:#16後藤、#3浅野、#28高橋、#5西口
MF:#19吉本、#10牧野、#23清水、#22安田
FW:#9石田、#8深澤

控え:#1船田、#2柴田、#13白鳥、#31海老澤、#20三上

不安と期待に包まれた開幕戦がいよいよキックオフ!

090412b.jpg

先陣を切ったのは左サイドを安田。
スピードに乗ったドリブルでサイド突破。
L1相手にもやれる手応えを感じた。

8分には右サイドを駆け上がった清水のクロスを中央で石田がヘッド。
綺麗にゴールに決まったゴールにGK一歩も動けず。
L1でのファーストシュートがファーストゴール!

090412c.jpg

ジェフレディースが先制!

技術やフィジカルでは劣る部分も見受けられたがそこは運動量と気持ちでカバー。
得点後はジェフレディースのリズムで試合が進むが、
前半の途中からは守備に奔走する場面が多くなる。
それでも粘り強い守備に決定的なピンチはほとんどない。
数少ない決定機もGK斎田が見事にストップ。

1-0をキープしたまま前半終了。

互角とまではいかないが十分に戦えている。
落ち着いて繋ぐ選択と安全にクリアする選択がはっきりしているので
攻められていても安心感がある。
判断ミスからピンチに陥る場面がほとんどない。

後半になっても安定しているジェフレディース。
しかし、トップチームが1-1の試合を繰り返しているだけにどうしても不安がぬぐえない(汗)
そんなサポの不安を吹き飛ばす追加点が決まる。
59分に清水がライン際までプレスをかけると焦ったDFがファールでPK獲得。
これを交代出場の三上が左サイドに冷静に決めて2-0。

090412d.jpg

2点差になり一安心したのもつかの間、
安田がDFラインの裏へ抜けだし、中央へクロス。
一度は弾き出されるが、こぼれ球を清水が再び中に放り込むと
中央で石田がゴールへ叩き込んで3点目。

090412e.jpg

まさかの展開にサポの盛り上がりは最高潮へ。

70分に怪しい判定でPKを取られて3-1。

82分に石田に代わって、新加入の海老澤を投入。
88分には相手との接触時に足が吊っていた安田に変わって白鳥。
短い時間ながらもこの白鳥がINACの最後の攻撃を摘み取り、試合を終わらせた。
ロスタイム4分を凌ぎきって、ついにタイムアップ!

シュート3本で3得点の効率の良い攻撃で見事に強豪のINACから金星!
090412f.jpg

今年一発目のでんぐり。新加入選手が乗り遅れる(笑)
2回目は全員が揃ってでんぐりできました。

lion.jpg

コンコースにはライオンがいました。


次の対戦相手は女王日テレベレーザです!

18日(土)のFC東京戦の次の日の19日(日)にフクアリで開催されます。
入場無料なのでみんなでジェフレディースを応援しましょう!

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

アキ

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。