月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず最初にレディースブログの#20ツカサによる最新の投稿をご覧下さい。

有希ちゃんの登場回数が3回という事はないだろうと思って本当に数えてみたんですが
BBQ☆[柏原慶子]、里内さんの愛[安田有希]、顔のもと[三上尚子]、
私事☆[柴田里美]、黄金世代☆[金野結子] 、ある意味黄金世代![西口柄早]
登場回数は最新を含めると6回でした。

昨日の高槻戦のあとに何人かの選手にゲーフラにサインをもらう計画を立てていたので
その時にツカサに報告しようと思ったのですが、
サインをもらって満足して忘れてしまったのでここで報告(笑)
ブログ上では馴れ馴れしく呼んでいても選手を話すのは緊張するので苦手だし(汗)

ついでに本当に登場回数No.1なのかを調べてみたら驚くべき結果が。

集計の基準
・試合中の写真、UNITED Online用の写真などは対象外
・横向いていたり、顔が切れていたり、変な顔していたりで判別できないものはノーカウント
・今年初めの全員集合写真もノーカウント
・現在ジェフレディースに所属している選手

1位(13回):清水由香
2位(11回):河村真理子
3位(9回):石田美穂子

4位(8回):中嶋朋子
5位(7回):関根麻里
6位(6回):河村乃里子、安田有希
8位(5回):伊藤美華、綱川玲奈
10位(4回):岡上麻里、柴田里美、浅野麻衣子、三上尚子

3回:金野結子、阿部麻美、井上由惟子、西口柄早、中池桃子
2回:三好麗、三盃祐子、小林菜摘、吉本宏美、船田麻友
1回:杉浦真生、深澤里沙、井上友利恵

一回の投稿で複数登場しているみっちーがダントツの13回!
2位はコンスタンドに写っている真理子様。続く3位はいっしーでした。
4位のちんぞーは自分ん投稿時に3回出ていたり固め打ちで上位に。
集合写真を中心に関根麻理も地味に回数を稼いでいました。
有希ちゃんはみっちーの半分以下なので自称No.1は撤回した方が良さそうです(笑)

逆に背番号があって未だに写真に登場していないのは史と志保でした。

スポンサーサイト

今日は臨海でリザ&レディースダブルヘッダー。
リザーブズから観戦。喉が回復具合とリザへのモチベーション等の都合から
応援には参加せずに真ん中の方でまったり観戦。
階段の上の席で見ていたら、レディースの選手が続々と現れて、試合よりそっちが気になったり(笑)
後半には青木良太が現れ、向かう先を見るとパク、トンス、金沢もいました。

前半は全然攻めることができなくて、オフサイドみえた相手の裏への飛び出しから失点。
後半の同点のゴールシーンはちょうど青木良太が現れたタイミングのため見逃した(笑)

前半と変わって後半はかなり良いサッカーを見せたリザですがゴールが奪えず逆に終了間際に失点。
ロスタイムに猛攻も見せるも最後のCKからシュートがバーに跳ね返って試合終了。

終了間際に応援エリアに移動してウォーミングアップがてら
声だし応援に参加しようと思ったら知らない応援だった(汗)
原曲はチャゲアスのモーニングムーンだよね?

ダブルヘッダーということでレディース開始までの時間がいつもより短い。
ダンマクを貼りにゴール裏に行って戻る前に選手コールがスタート(汗)
それで有希ちゃんスタメンを確認。2試合に1試合スタメンの法則をついに破った(笑)

GK:#30船田
DF:#15河村乃、#17阿部、#20西口、#22安田
MF:#19吉本、#6三上、#9石田
FW:#11井上由、#14金野、#10清水

控え:#2柴田、#5河村真、#8深澤、#18綱川、#23小川

期待の#23志保が初ベンチ入り!

080518.jpg
現時点で最強と思われる布陣で期待大。
去年は予想の反してジェフレディースが圧倒していたので
負ける気がしなかったのですが試合が始まってみると高槻は強かった。
なかなか攻撃の形を作らせてもらえず
右サイドの#10みっちーのスピードは2人がかりで対応。
それでも攻撃は右の#15のんたん&みっちーに偏りがち。
中央からは攻め込める気配はなく左サイドにはボールが回ってこなかった。
それでも#9いっしーのパスに抜け出して#11由惟子がGKの上を越すループで先制。
これで勢いに乗るかと思いきや、
右サイドを突破され、上げられたクロスを去年までジェフにいた柏原慶子に決められる。
こんなに綺麗にゴールを決められたのは今季初だ。
さらに風上なのを利用して遠目から放たれたミドルシュートが決まって逆転(汗)

非常に苦しい状況でハーフタイムへ。
#2里美ちゃんと#18玲奈が登場。#19よっしー、のんたんがOUT。
玲奈が左で、由惟子が右へ。#14金ちゃんが中盤へ。
後半は玲奈の突破からのクロスでチャンスを量産。
58分にはDFにクリアされたいっしーのシュートがラインを割っていてゴールイン。
77分には玲奈が負傷で志保がデビュー。
デビュー戦にも関わらず、ファーストプレーで相手にファールして、
怒って向かってきた相手を突き飛ばす気の強さ(笑)
しっかりイエローまで頂戴しましたが、プレーでもその負けん気の強さを生かした
豪快なドリブルにはジェフレディースの新たな可能性を感じさせた。

全勝対決はどちらも譲らず2-2のままドロー。
試合後の表情を見る限り引き分けで満足している選手は1人もいなかった。
そして大原が狭山に負けたことでL2から全勝チームが消えた。
なでしこリーグも約一ヶ月の中断機関に突入。
この期間をいかに有効に使えるかが昇格の鍵を握りそうです。

2008/05/18

大分戦観戦記

前節の勝利のゲンを担いでという事で前回と同じような応援を展開。
コンコースで待機して選手バスをコールで迎え入れ、
タイコが移動しながらのあっこちゃんでゴール裏全体を盛り上げ、試合中も熱い応援を展開しました。
TVで見た感じだとゴール中央に跳ねる人が集まってきた感じがかなり出てきた気がします。

試合は大輔をアンカーに置いた4-1-4-1。レイナウドがワントップで新居は右サイドに張り出す位置でプレー。
前半はジェフのペースで進み、27分に新居のクロスから谷澤が決めて先制。
その後も大輔のスーパーミドルなど決定的なシュートはあれども西川がことごとくストップ。

後半に入ると完全にペースは大分に傾き防戦一方。
まったく攻撃できない状況に神戸戦の二の舞を踏まない事だけを願って応援を続け、
選手も必死に守りで2戦連続の完封勝利!
追加点を取って楽に試合を進めたいというのが本音ですが、
1点差の緊迫した状況で試合をして、結果を残すというのは
今のジェフには何より大きな経験と自信になるのではないでしょうか?

リーグ戦はしばらく中断となるので、再開が非常に楽しみになりました。

試合後のオブラディは隣の人と肩を組んでの横移動です。
隣の人とのコミュニケーションにもなるのでゴール裏全体でやれたらいいなと思います。
俺たちジェフ!!

オーウェン獲得の話で盛り上がって忘れそうですが、
今日のすぽるとでジェフレディースのいっしーが特集されます。

080514.jpg
先日の鴻巣での狭山戦に密着取材らしいです。
なぜアウェーで?というツッコミはなしで(笑)

いっしーのブログによると音楽活動の方もあるらしいので
俺はピッチでのいっしーしか知らないので楽しみです。

今日の23:55~24:35です。お見逃しなく。

さらに女サカ.netにいっしーのインビュー発見。


続いてジェフレディースユニフォームの話。

すでに公式サイトで発表済みですが期間限定で
ジェフレディース仕様のユニフォームが販売されています。
かなり前から発売されるという話が出ていましたが、
さすがにあのPjのハートマークユニは俺には着れないので
買いたいとは思ってなかったのですが
ジェフレディースの活動の資金源になるらしいので買う事にしました。
もちろん22番!有希ちゃんにサインもらって保管しよ。
昇格記念のおめでたいユニになりますように。

今年からワンコイン販売がなくなったのは
新スポンサー等で活動資金に目処がついたからではないらしく、
今年はフクアリ開催がなくなったりしているのも、
もしかしたらその影響なのかも知れないので
レディースサポとしては買わないわけには行かないですよね。

男には着こなすのが不可能なこのかわいいユニですが
逆に女性のジェフサポには着て欲しいのです。
京都戦の時にジアロコ内でも欲しいという人が数人いましたし。

値段がトップと変わらず高いのは難点ですが
この機会を逃したら2度と買えないかも知れないので
コレクターアイテムとしてもどうぞ(笑)

雨の中、高速を飛ばして鴻巣へ。
鴻巣は去年使った埼スタ第2グラウンドと違ってよくある陸上競技場。

GK:#30船田
DF:#5河村真、#17阿部、#20西口、#22安田
MF:#19吉本、#14金野、#6三上
FW:#11井上、#9石田、#10清水

控え:#2柴田、#26井上友、#15河村乃、#18綱川、#8深澤

メンバーがほぼ固定されてきた感がありますが、
今日は#10みっちーを真ん中に左に#11由惟子、右に#9いっしーでした。
#22有希ちゃんは2試合に1回スタメンの法則を継続(笑)

試合が始まる頃には雨もやみましたが、
直前までかなり降っていたのでゲーフラはお休みしました。
みっちーといっしーがブログで前節の試合の旗やゲーフラについて
書いてくれた後だけに出せなくて申し訳なかったのですが、
前日に濡れたトップのゲーフラ乾かすのも大変だったのに
レディースの方は枚数がさらに多いので・・・ごめんなさい。
その分、声だし応援を頑張った・・・かというと
前日の試合で枯れた喉が回復してなくてそういうわけにもいかず(汗)

ここまで好調の狭山が相手だけに苦戦が予想されましたが
開始5分で金ちゃんがゴールを決めて幸先良いスタート。
しかし、その後のが続かない。
前節のあの素晴らしいサッカーはどこへ行った?

芝がかなり長めでボールが止まりやすくて、
手前サイドはかなりの部分の芝がはげていて
有希ちゃんは得意のドリブルが使えずにいつものような積極性がなく、
その分、早めのクロスを上げる事が多かったです。

相変わらずみっちーのスピード、由惟子の足技、
金ちゃんの総合力の高さには驚かされますが
チームの攻撃としては単発な印象が。
いっしーはサイドでは真ん中で使った時ほど持ち味が出ない気が。

32分にみっちーがようやく追加点をゲット。
080511.jpg

何度か狭山にチャンスを作られるが麻友の頑張りで2-0で前半終了。

後半もなかなかゴールが遠い。
58分に由惟子に変わって#18玲奈がリーグ戦デビュー。
69分にみっちーが決めて3-0。
#19よっしーに変えて#26友利恵。そのまま中盤でプレー。
ディフェンス陣の気が緩んだ隙に失点してしまい
依然として予断を許さない状況は続く。
#17麻美に代わって#2里美ちゃんが久々に登場。
その後スコアは動かないまま3-1で5連勝。

次節は臨海で高槻との全勝対決大です。
レディースの前にリザの試合もあるのでぜひ臨海へ。

2008/05/13

京都戦観戦記

ようやく長かったトンネルから抜け出しました。
勝てないことで苦しんだチームだけにこの勝利をきっかけに勢いに乗って欲しい。

開場前に昼田GMより監督解任についての説明。
解任もやむなしという結果と期待のできそうな新監督の就任という事なので
とくに混乱する事もなく終了。

スタジアムに入ってからは選手バスの到着をコンコースで迎え入り、
選手が練習を始めてからはタイコが移動して応援を開始。
中央だけなくゴール裏全体で応援しようという新たな試み。
応援練習は以前もやっていた事もあったけど、
選手がピッチにいる状況で中央以外で応援するのは初めてかも。
まあ慣れている人ばかりだろうから大丈夫だとは思いますが。
ジェフのオフィシャルの特大フラッグがゴール裏を移動していたのもそうですが、
ゴール全体に「応援に参加する」というのが伝わってよかったと思います。
声だし応援というのは結構敷居が高いので、
これからもこういう全体を巻き込む試みをたくさんやりたい!

応援の新たな試みは円陣ダッシュに合わせてコールをする事になりました。
ゴールキックの時にようにオ~~~で溜めて、ダッシュで円陣が別れた瞬間に「オイ!」
「ジェフユナイテッド!」のコールに繋がります。

前半はジェフが押し気味に勧めるもゴールが奪えず。やはりゴールが遠い。
後半にレイナウドのシュートがポストに跳ね返って、浩平が押し込んでゴールが待望の先制点!
その後はジェフがチャンスを外し続けて、最後に京都に押し込まれるも懸命の守備で凌ぐ。
残り時間も少なくなった頃に歌われたプライド。「俺たちの誇りジェフユナイテッド!」
いつもは聞こえないメイン側から歌声が聞こえる。
応援に必死だったのでそれまで気がつかなかったのですがゴール裏全体から応援が聞こえる。
まだ試合は終わっていないので気を抜いている場合ではないのですが、
ずっと応援の大切さを訴えてきた俺はその光景に感動してしまいました。

そして試合終了のホイッスルが鳴り響く。歓喜に沸くフクアリ。
久しぶりのでんぐり。そして東美が音頭を取っての万歳連唱。
さらに新しい勝利パフォーマンスは谷澤とサポの「俺たちJEF!」の掛け合い。

スタンドギリギリまで来た大輔とタッチし、ユニティとも抱き合って喜びを分かち合いました(笑)

単なる1勝ではなく大きな価値と意味を持つ1勝。
ようやくポジティブな方向に動き出した流れを逃してはならない。
一週間後には再びフクアリで試合があります。
その後はしばらくリーグ戦は中断なので何としても勝って良い流れで中断期間に入りたい。
そのためには選手の頑張りとジェフサポの応援が絶対に不可欠。
この試合の終盤の応援のようなサポートを続けていこう。
選手は絶対に応えてくれるはずだ!

実は俺はリバプールのファンですが雑誌やTVで試合を見る程度なので
アレックス・ミラーの事は名前も知りませんでした(汗)
なので人並みの驚きしかありませんが、
自分の好きな海外のチームとジェフに繋がりができるのは嬉しい限りです。

スカウトとして多くの選手をチームに引き入れ、
ジェラードを始め選手からの信望も厚かったようですね。
無理にジェフで例えると「リバプールの祖母井さん」的な人なのかな?と思ったり。
全然違うかも知れませんが(汗)

クゼ解任の1日後にはこれだけのビッグネームの監督の就任が
内定してしまうという事は解任後に急遽動いたとは思えず、
すでに事前の交渉を経て、相当の好感触を得ていたんでしょう。
もしかしたら中断期間まではクゼでいくつもりだったかも知れませんが
リバプールがチャンピオンズリーグの決勝に進めず、今季最終戦が21日→12日になり、
今週末のリーグ戦も消化試合(勝っても負けても4位確定)なので
就任が早まったという感じでしょうか。

それに年俸が1億越えという事で資金面に不安も感じますが
もしかしたら社長がJR側の人間になった事も影響があるのでしょうか?
今まで親会社からの独立を謳っていたのと逆行するかも知れませんが(汗)

なぜヨーロッパから遠く離れた日本の最下位に沈んで苦しむジェフの監督を
このタイミングで引き受けてくれるのはわかりませんが
ヨーロッパのトップレベルのクラブで長く重要なポジションを任されていた人物が
来るとわかった以上は期待せずにはいられないですよね。
なかには良い監督が来ても勝てるとは限らないと楽観視を嫌う人もいるかも知れませんが、
ここまで悪い流れから抜け出せないこんな状況だからこそ思い切り期待して
ポジティブな雰囲気で次の試合を迎えましょう。

期待する要素がたくさんある反面、不安な面もたくさんあります。
期待しすぎるとうまく行かなかった時につらいからなんて考え方は絶対ダメ。
どうせ倒れるなら前向きに。倒れるつもりはないけど!

2008/05/08

クゼ解任

今年のジェフを率いて好成績を残すのは誰が監督をやっても容易ではないと思います。

ただ「攻撃的に行く」という言葉とは裏腹に無得点が続き、基本となるはずだった守備は崩壊。
セットプレーも好守に機能せず、連敗を重ねて下がった選手のモチベーションを上げることもできなかった。
ここまでの試合で放棄してしまうにはもったいないと思うほど積み上げたものがあったとは思えないし、
一度も勝利に導いていない監督に選手が信頼を寄せるとも思わない。
順位的にはこれ以上悪くなることもなく、現状維持が許されない状況で
続投させるという選択肢はなかったでしょう。

監督が変わったから勝てるようになるわけではありませんが、
ショック療法の意味も込めて何らかの変化は絶対に必要だったと思います。
最近のジェフは選手もサポも流れが悪い方向に向かった時に抵抗する力を失っているいましたから、
監督が変わるという事で気持ちを切り替えられるというのは重要だと思います。

個人的には巻き返しの最後のチャンスだと思います。
絶対にこれを浮上のきっかけにしなければなりません。

前日の柏戦で死ぬほど応援したので本当に疲労困憊。
足は痛いし、喉も痛い。それでも臨海へ足を運ぶ。

GK:#30船田
DF:#5河村真、#17阿部、#20西口、#3浅野
MF:#6三上、#19吉本、#9石田
FW:#11井上、#10清水、#14金野

SUB:#2柴田、#27花桐、#22安田、#13小林、#8深澤

毎回違うスタメンですが今日も結構な変更が。
前節ベンチスタートだった#5真理子様と#3麻衣子が両SBでスタメン。
中盤から前の一番大きなポイントは今まで中盤の起用の多かった#14金ちゃんのフォワード起用。
#9いっしーがその後ろ目に、#23みっちーはかなりワイドに張る位置。
4-3-3的な配置でしたが今のジェフレディースは頻繁にポジションチェンジを繰り返すので
「こういうフォーメーションだった」と一言で説明するのは不可能(笑)

試合前には#6尚ちゃんのなでしこリーグ100試合達成を祝うセレモニー。

前節、強豪福岡を破った京都はジェフレディースに自由を与えさせまいと
序盤から激しいプレスと高いライン取りで積極的なディフェンス。
しかし、ジェフレディースも前節の停滞気味の攻撃と打って変わって
積極的かつ魅力的な攻撃を披露。
金ちゃんの先制点が決まると、立て続けにみっちーが決めて一気に勢いに乗ると
いっしーが連続でゴールを決めて前半のうちに4得点。

ハーフタイムで#11由惟子に変わって#22有希ちゃん登場。
左の攻撃的なポジションでプレー。

写真を撮っていたら見逃したのですが
相手のシュートがポストで跳ね返り#30麻友の背中に当たってゴールイン。
連続無失点記録が途絶えました。どうやらミスが失点に繋がってしまったようです。

しかし、それでもジェフレディースの勢いを衰えず
有希ちゃんが左サイドでドフリーでパスを受けてゴールへ流し込む。
今日も左右に頻繁にポジションチェンジを繰り返しながら
ドリブルで相手を抜きまくりました。今年は高水準でプレーが安定してます。

みなさんお待ちかねの金ちゃんヘッドも炸裂し、みっちーの2点目も決まって7得点。
その後はU-18から昇格してきた#27花桐さんと今季初出場の#13なつが登場。

GK:船田
DF:清水、阿部、西口、浅野
MF:花桐、三上、小林
FW:吉本、安田、石田

終盤はチャンスはあってもゴールを奪えず、
ジャンボ監督がキレる場面もありましたが、
7点というゴールに加えて試合内容が前回よりも格段に良くなり
得点が多い上にサポーターが「おおっ!」って歓声を上げるシーンが
今までに比べて桁違いに多かったです。
個人技もそうですが、リズミカルのパスが繋がったりと
強豪との対戦が近づきいよいよエンジンが本調子になってきたかも!

前節は勝利したものの、選手もサポもでんぐりやるの?的な雰囲気が漂いましたが
今回は選手も満面の笑みででんぐりしてくれました。
080504.jpg


今日のたくさんのジェフサポがスタジアムに集まって嬉しい限りでした。

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。