月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイトゲームでトップを応援した後に早朝から清水へ向かうのはキツかった(汗)
アウェーの試合はジェフ公式が当日に速報載せないので
試合に行けなくて詳細について知りたい人が多いと思うので
何とか当日中に観戦記を上げるつもりでしたが睡魔に勝てませんでした(汗)
帰りの高速が渋滞で何度も寝そうになるのを我慢するのが大変だったぐらいなので・・・

080427a.jpg
スタメンは画像参照(手抜き)

SUB:#2柴田、#3浅野、#5河村真、#26井上友、#8深澤
ベンチ外帯同:#14金野、#16中池

加入以降不動だった#2里美ちゃんがベンチ(驚)。代わりに#17麻美が復活。
#20ツカサの加入でCBのレギュラー争いが激しくなりました。
中盤には#7史が今季初先発。2トップは不動の2人。

2試合で23ゴールをたたき出したジェフレディース。
相手は去年6位の清水。去年の対戦スコアは7-1、4-0、5-0。
スタジアムは違えど静岡は去年準優勝を決めて選手をハイタッチした良い思い出の場所。
二桁とは行かなくともゴールラッシュを期待していたのですが・・・

会場はJリーグでお馴染みの日本平。凄い近くて見やすい。
そのせいかアウェーとは思えぬほど多くのジェフサポ。

しかし、試合はジェフレディース大苦戦。
25分に左サイドの#22有希ちゃんのクロスを#19よっしーが胸トラップからシュートを決めて先制。
これで勢いに乗るかと思いきや相変わらず攻撃は停滞し、前半終了。
これはハーフタイムで大幅な変更があるかと思いきや交代はなし。

49分に史が個人技からゴールを決めて追加点。
個人技ではジェフレディースに分があるもののチームとしての連携はイマイチ。
みっちーが決定機をポストに当てたり、GKに止めらたり、
100試合出場を達成した#6尚ちゃんのスーパーミドルはバーを叩いたりと
単発での惜しい攻撃もネットを揺らせず。
#5真理子様、#8理沙と交代するが劇的に攻撃が良くなることもなく
75分によっしーが豪快にミドルを決めてようやく3-0。
080427b.jpg

直後に史が負傷して麻衣子が出場し、
開幕戦同様に有希ちゃんがSBから一列前に上がって
何度がドリブルで突破を見せるも決定機を作り出せず。

苦戦というより自滅というのがサポ人達の感想でした。
試合後にスタジアムから出てきたいっしーとみっちーが
サポに「すいませんでした」と発したのが選手の心境を物語っていました。

未だ無失点で3連勝とはいえ
今後は京都→狭山→高槻→大原と段々と相手のレベルが上がっていく日程だけに油断は禁物。

次節はGWの4日に聖地臨海で開催されます。
お時間のある方はぜひ足を運んでジェフレディースに声援を送って下さい。

スポンサーサイト
2008/04/29

磐田戦観戦記

今は試合内容についてはあれこれ言う気になりません。
采配やプレーについて俺がネットで文句を言った所で何か変わるとも思いませんし。
ダントツの最下位なので少しずつ改善していくだけでは手遅れになる可能性があるので
「監督を変えろ」「補強しろ」と劇的な変化を求めてしまう気持ちもわかります。
ただ「サポがうるさく言うから何かするか」というフロントならジェフに未来はないでしょう。
補強とか後任人事というのもは基本的に確定事項ではないので
自ら公に出すことはありませんが、フロントはサポ以上にチームの事を考えているはずです。
何もかもうまくいってない状況だけにマイナスな発想は悪循環を呼ぶだけです。
ストレスを溜め込むのも良くないのでスタジアムや試合後の居酒屋で
友人同士で思う存分不満を吐き出しあったり、
自分の意見を言い合うのは多いに結構だと思うのですが、
ネット上で不満や批判を言う必要はないと思うんですよね。
凄いたくさんの人がネットを利用していてそれぞれが不満を言っていたら、
ネット上は不満で満たされ、それを見ている人もどんどん不満になっていく。まさに悪循環。

無理にポジティブな事を書く気分でもないですけど、もう信じて応援するしかないでしょう。
勝ってないわけだから「信じる」のも簡単ではないし、バカげた事かも知れませんが
全然勝てなくて最下位のチームを毎回応援に行っているのだから
一般的に見ればスタジアムにいる人全員がバカですよ。どうせバカなら貫き通しましょう。
バカになる価値がジェフにはある。

といいながらも明日の試合は欠席です(汗)
横浜まで応援に行かれるジェフサポの皆様頑張って来て下さい!

土曜日にはホームでの磐田戦があります。
言うまでもなくジェフは現在最下位です。

気がついたら去年の9月30日 のFC東京戦以来リーグ戦ではフクアリで勝っていない。
6試合で1分5敗。これってサポーターとして恥ずかしい事だと思いませんか?
試合をするのは選手だけどホームの雰囲気を作り出すのはサポーター。
「ホームで弱い=サポーターがホームゲームで選手を後押しを出来てない」という証拠。
ホームスタジアムでアウェーチームの応援が聞こえているようでは
ホームアドバンテージを一つ捨てているのと同じ。

1人がどんなに頑張っても2人分の声は出せない。でも2人が声を出せば2人分の声は出る。
つまり1人でも多くのサポが応援すればそれはそのまま応援が良くなるという事。
あなたの行動がそのまま応援の良し悪しに繋がる。
そして、それは微かながらも試合に影響を及ぼすかもしれない。

足が止まっている選手に走る力を与えよう!
下を向いている選手がいたら前を向かせよう!
ピンチの時に疲労で集中が切れないような後押しをしよう!
チャンスではより盛り上げて絶好機という雰囲気を作り出そう!
そして、相手選手にプレーしにくいと思わせよう!

限られた人だけが応援を頑張っているだけではいつまでも経っても
ホームスタジアムの雰囲気は作り出せない。
フクアリのゴール裏に集うサポーター。応援しようぜ。
声を出して応援するだけがサポートじゃないけど、
目の前で試合が行われている時にサポーターができる事は応援だけだ。

ジェフのCKで選手がゴール裏を煽ったりするのは
サポーターの声援の後押しを求めているからだ。

団体がどうとか応援がダサいとか、
ゴール裏で応援しない事を正当化する理由にはならない。
ジェフはそんな理由で応援しなくて済む存在ではない。
ジェフサポーターのジェフに対する愛情はそんなもんじゃないはず。
ここまで勝てなくてもジェフの勝利を見るために
スタジアムへ足を運ぶようなジェフが大好きな人達だろ。

いつも腕組んでいる人は拍手を。
拍手だけの人は声を出そう。
声出しだけの人は飛び跳ねよう。
爆心地の奴は隣の奴に負けない熱い応援を。
選手は勝つためにもがき苦しんでいる。
サポーターも「いつも通り」じゃなくて
「もう一段階上のサポート」を目指そうぜ。

リードを守りきれる気がしないなんて思うな!
リードされてももうダメだと思うな!
サポの不安な気持ちは選手に伝わる。
逆に「絶対に勝つぞ」という気持ちを選手に届けよう!

ボスナーが出場停止で巻がケガで欠場。好守の要が揃って不在。
はっきりいって苦しい。この状況でサポーターが頑張らなくてどうする!

2008/04/18

札幌戦観戦記

今日は久々にスタジアムに入ってから食事をしました。
応援熱が熱くなるにつれて試合前に飯を食うと応援中に気持ち悪くなるので
基本的にスタジアムに入る前の早い時間に食べて
スタジアム内ではご飯は食べない事にしていたのですが、
ジェフグルというスタジアム内の食べ物を紹介しているブログを見ていたら
食べてみたいものを発見したので買って食べてみました。
京葉シティサービスのピザスティックとお好み焼き串。
どちらも棒状になっていても味はそのまま。
お手軽に食べれておいしくて良かった。

平日開催という事でサポの数も少なく席が埋まるのも遅い。

GKはグッピーが今季初先発。
DFには益山がデビュー、青木良太が復帰。
青木のコールは「アオキ・リョータ・オレ!」って早口すぎるから
普通に「リョータ・オレ!」でいいのでは?
CLと同名だから言いづらいのかな?(笑)
あと、馬場のコールに「憂太」を希望している人が多いですが
新加入選手はすぐに歌作ったり、愛称でコールしないみたい話を聞いた気がするので
もう少し時間が経ってジェフに欠かせない存在となった時に変わると思いますよ。
東美も最初は「下村」だったしね。どのタイミングで誰が決めるのかは知りませんが(汗)
馬場のコールが「馬場」ではいけない理由もないですし。
スタメンから話が逸れましたがMFには馬場と谷澤が揃ってスタメン。
でも巻のワントップは正直微妙。

あと、選手紹介時は「オーレ」ではなく「選手コール」に変わりました。
前回の大宮戦だけの特別仕様かと思いましたが
今日もやったということはこれからもコールで行くみたいですね。

応援はいつもと変わらず熱くやったつもりですが、どうも自分なりの手応えがなかった。
応援が始まると久々に脇腹が痛くなったりしたし。
鹿島戦後半のような後先考えずにガムシャラにってのができない。
後から考えたら土曜日のリーグ戦、日曜にレディースに続いての
結構な過密日程&風邪気味なので体力的に万全でないのもありますが・・・

試合は攻撃的選手を前に揃えているがお世辞にも良いとは言えない。
守備では久々のグッピーも以前のような不安定さを感じさせず、
それほど決定的な場面もなく前半を0-0で終える。
デビュー戦となった益山はケガで10分で無念の交代。
ちばぎんのPK失敗に続いてまた厳しい結果となってしまったが
監督からの信頼は絶大みたいなので早く直して戻ってきて欲しい。

後半に新居投入で巻き返しを期待したがHTでの交代はなし。

後半最初の見せ場はボスナーの弾丸DFがバー直撃に惜しい場面。
残り20分という所で馬場→新居へ。
パスの出しての馬場がいなくなったら効果半減なような・・・
新居は自分でゴールを狙う姿勢だけじゃなくて周りをうまく使えて良い。
残り10分で巻が苔口と交代。
ただこの交代で前線へのロングボールがことごとく跳ね返されて
相手ボールになり攻撃の回数が減った。
巻も「必ず競り合いに勝ったマイボールにしてくれる」わけではありませんが
いなくなると感じる巻のありがたさ。
試合終盤には何度もCKがあったり、
谷澤が個人技で決定的なシュートを放ったりと
ジェフに多くのチャンスがありましたが
結局ゴールを割ることなく0-0で試合は終了。

トップ低迷から気持ちを切り替えてなでしこリーグ開幕戦へ。
新型を含むゲーフラ21枚にダンマク2枚と荷物多すぎな状態で秋津へ。

レディースは開場が1時間でスタンドに入ったら選手が練習しているのがどうも違和感があります。
サポ心理から言うと選手が練習に出てきた所を千葉コールで迎えたい。

080413b.jpg
去年までは古い年代もバラバラのMIZUNO製だったレディースの練習着も今年からKappa製!

080413.jpg
スタメン
GK:#30船田
DF:#15河村乃、#2柴田、#20西口、#22安田
MF:#19吉本、#14金野、#6三上、#11井上由
FW:#9石田、#10清水

控え:#1伊藤、#21杉浦、#3浅野、#26井上友、#18綱川

未だ背番号シャッフルに混乱ぎみながらも
有希ちゃんの開幕スタメン来たー!
さんぺーさんのベンチ外にガ~ン!

2週間前にレッズランドで行われたTGのスタメンが
去年のメンバーを中心としていたので
それが基本となると思いきやGKは高校生GKの#30船田さんだし、
ニューフェイスの#20西口さん、#19吉本さんがいきなりスタメン。
ディフェンスラインは3バックから4バックへ変わり
不動だった#17麻美、#5真理子様が揃って不在で
一桁番号へ出世した#7史も#8里沙もベンチ外。
ケガ人情報は把握してませんがかなり意外なメンバー構成。
去年は控えにGKを入れない時が多かったのに今年はベンチに2人も(笑)

新加入選手のコール
西口:ツ!カ!サ!←青木と同じ
吉本:ひろみ・ひろみ・ひろみ(***)←ミルコと同じ
井上友:ゆりえ!(***)←いたってノーマル

スタンドにはたくさんのジェフサポの姿。
毎回秋津はたくさん人が集まりますが、劇的に違ってのは立って声だしする人が増えた!
入替戦に来てレディースに魅力を感じた人がリピートしてきたのかな?

試合は去年再開の熊本が相手だったのですが
立ち上がりはジェフレディースも緊張があるのが何となくぎこちない。
最初のチャンスだったGKと1対1を#10みっちーが止められると
毎回スーパーセーブする熊本のGKがノッてくる。

11分にみっちーがゴールを決めたと思いきやギリギリで入っていなくて
クリアされかけたボールを#9いっしーが押し込んで待望の先制点。
ゴールが決まって一気に加速するジェフレディースは
24分までにいっしーがハットトリックとなる3点を決める。
ラララーラララ・ラララーラララ・ラーラーラーラララ みほこ!
昨日も何度も歌われた鎌田行進曲が今日も連発(笑)
右サイドを切り裂きまくった#11由惟子も21分に得点。

そして34分には左サイドを有希ちゃんがドリブルで2人をかわして
エンドラインまでえぐってあげたクロスに金ちゃんヘッド!
サイドバックになって攻撃参加の機会は少ないですが完璧なお膳立てをしました。

前半終了間際にはGKとの1対1を外しまくっていた
エースみっちーにようやくゴールが生まれてハイペースで得点を重ねる。

後半はみっちーのゴールでゴールの口火を切るが
得点のペースは若干落ち込み気味。

60分に#6尚ちゃんに変わって#26井上友さんが登場。
西口さんが左サイドバックに回って有希ちゃんは一列前へ。
これで俄然有希ゴールの可能性が倍増。

集中力とスタミナが切れてきたのか
段々とジェフレディースのやりたい放題な展開に。
みっちーのスピードには誰もついていけないし、
右では由惟子のテクニカルなドリブルで相手を翻弄し、
左では有希ちゃんがダイナミックなドリブルで相手を置き去りにして、
中央からは金ちゃんが格の違いを見せ付ける動きでチャンスを量産。

65分には由惟子が右サイドから逆サイドへ突き刺すスーパーゴール。
スーパー女子高生の異名は伊達じゃない。

76分には右サイドでためを作ってから
中央で待つ有希ちゃんへ絶好のパスが来てこれを流し込んで有希ちゃん今季初ゴール!
2008年仕様の新型有希ゲーフラ掲げながら久々の有希チャント。
オーオーオ や~すだ~ゆき♪ 有希ゴール♪

この後も吉本さんにジェフ初ゴール、みっちーがハットトリック達成、
金ちゃんのゴールで締めて12点を奪って快勝しました。

080413c.jpg
鳴り物の禁止でタイコを使えない秋津で大活躍する予定だった調理道具(笑)
開始10分で衝撃に耐え切れず破損。
一方、このクソ寒い中、半袖で応援した俺大失敗。
レディースの応援は歌が少ないから跳んで寒さをごまかす作戦通用せず(笑)

2008/04/13

大宮戦観戦記

厳しい対戦相手が続いた序盤の5試合を終えて未勝利。
ホームに大宮を迎える今日の一戦は絶対に負けられない。

サポーターもできる事をすべて行うという事で
選手バスをコンコースで千葉コールして迎えると
手書きのダンマクを11枚を1階と2階の両方で展開して
最初から最後まで可能な限り応援し続けました。
選手にはサポの気持ちが伝わっていたと思いますし、
それ以上に選手も危機感を感じているはず。

しかし、それでも気持ちだけは埋めれないのか
1点目は大輔がデニス・マルケルの個人技にやられ
2点目は充喜と中島が次々と淡白な守備で失点してしまう。
ハーフタイムからあっこちゃんと歌って後半戦の巻き返しを狙う。

新居、米倉、馬場と後半に次々と攻撃的な選手を投入。
とくにストライカー新居の存在は大きかった。
大宮ディフェンスにとって文字通り「脅威」だった。
いつも危険な位置取りでゴールを狙い続ける。
それでもあと少しでゴールを奪えない。
内容は悪くない。下を向かないでこれを続けよう。
そう信じて応援し続けてようやくジェフにゴールが生まれる。
馬場の絶妙なスルーパスに巻がシュート!
ニアのポストにぶつかって跳ね返ったボールを坂本が押し込む!
ようやくネットを揺らした。これで反撃の狼煙はあがった。
攻め続けるジェフは86分に新居のバイシクルが華麗に決まって同点。
残り時間は5分。3-2はジェフが得意とする勝ち方。絶対にいける!

フクアリのテンションが最高潮になった後に
大宮のミドルシュートが立さんの手を弾いて突き刺さった・・・
これで集中力が切れてしまったのかさらに追加点を奪われて敗戦。

後半の攻撃陣は悪くなかった。次に希望を持てる。
ただ、チームの基本と成るはずだった守備が崩壊している事は大きな問題。
前向きな言葉を発するが白々しくなるような気持ちですが
次の試合は待ってくれません。
水曜開催ですができるだけスタジアムへ足を運んで選手へ声援を送り続けよう。
勝利を告げる笛が鳴るまで 俺ら歌い続ける!!

2008/04/07

鹿島戦観戦記

080405.jpg
前半のジェフはひどかった。
まるで少ない人数で戦っているかのようだった。
攻撃と時は数的有利どころか相手のプレッシャーに前にボールを運べず
逆に相手がボールを持てばズルズル下がって押し込まれる。
「まずはしっかり守備」というのが基本にあるせいか
16分という早い時間に失点すると選手自信が凹んでしまっている印象を受けた。
26分には素早いパス回しからマルキーニョスに決められて0-2。

ハーフタイムにジアロコのすぐ脇にタイコが集合。気合の応援を展開。
馬場と苔口を投入して盛り返しを図る。
クゼに喝を入れられたのか、選手も前半とは気合が違う。
前半とは違い格段によくなったが、それでも攻撃はまだまだ。
ボールを持ってから「どこに出そうか」的な間があって、
相手ディフェンスに対応する時間を与えてしまっている。
パスの出してと受けての意思の疎通が取れずに会わない場面も多い。
ボスナー、大輔、巻と高さと強さを持つ選手が多い上に
フルゴビッチというキッカーが加わったにも関わらず
セットプレーが機能していない。これではなかなかゴールは奪えない。
相変わらずスローインは直後に相手ボールになっているし。

結局、1点差に詰める事ができないうちに、
CKから追加点を決められて、4点目も奪われた。
それでも応援をやめる事はしない。
前にも言ったように無駄にできる時間はない。
最後にマツケンの飛び出しに相手がペナの中で倒してPK。
巻がきっちり決めて何とか1点を返した。

後半は特にジェフが倒されるとノーファールで
ジェフが倒すとファールという場面が頻繁にあった。
これを「鹿島有利のジャッジ」と審判批判で終わらせてはいけない。
結局は一瞬の判断の遅れや動き出しの遅れの差が
ファールかファールでないかの境目になっているのではないか。
判定が誤りである場面も確かにあるが、
何でも他人のせいにして自分を正当化していては人は成長しない。

敗戦の言い訳が利かない完全な完敗。
後半の気合を最初から出していれば少しはマシな結果になっていたかも知れないが
俺自身も後半に前半以上の応援をできたという事はサポも選手に文句は言えない。
いつも全開でやっているつもりでもいつの間にか抑え気味になってしまっている。
もっとやれるはずだ。選手もサポも。

次のホームでの大宮戦は最初から最後までみんなで戦おう。

2008/04/02

神戸戦観戦記

守りきるには87分は長過ぎた・・・

リードしている時は比較的カウンターがうまくハマるので攻撃にも勢いを感じましたが、
開始早々の先制点の後は追加点を奪えず、FKから失点して1-1のドロー。
攻撃を跳ね返す力は去年に比べて格段に上がっていると思いますが結構ピンチも多かったような。
反対側なのでよくわかりませんが後半はゴールを割られてもおかしくない感じの場面がありました。
クゼが前向きなコメントを発しているのでそれ信じて応援していきましょう。

フルゴビッチは前回に比べて格段によくなりましたね。
まだまだ本領発揮ではないでしょうから今後が非常に楽しみになりました。

中二日での応援はかなり辛い(汗)
でも、さらに二日後には好調鹿島と試合。ハード過ぎる。

2008/04/01

川崎戦観戦記

080330.jpg

観戦記というより川崎戦で感じたサポーターという存在についての俺の考えです。

開始早々にボスナーにあたったシュートが立さんの頭上を越えてゴール。
34分に米倉が退場して一人少ない状況で追加点を奪われてかなり厳しい状況に。
後半に入ってレイナウドを投入するも劇的に攻撃が改善されるわけでもなく何度も川崎にゴールを強襲される。
0-2から1点返せれば流れは来ると思っていたがジェフはCKやFKはあっても
決定機がほとんどなく「良い流れが来ている」と思うことはなかった。
それでも試合終了まで全力で声を出し続けた。

今季のジェフは監督が変わり、主力の多くが移籍して、新加入選手や若手が多く出ている。
チームとしての完成度も選手の経験値も多いとはいえない。

勝点を持って帰るのが困難な状況になったとしても
今のジェフには無駄にしていい時間もプレーもない。
何度失敗しても、それで成功へのきっかけを掴んで欲しい。

何かと色々と腑に落ちない事の多い試合だったので
サポは「さっさと忘れて気持ちを切り替える」でいいですが
選手にはこの試合で些細な事でも何か掴んでいて欲しい。
次に繋がる何かを得て欲しいと思います。

だから、サポーターにはどんな試合展開になっても諦めずに応援を続けて欲しい。

「ジェフが負けているから」「うまくいっていないから」と応援がトーンダウンするのではなく
苦しい状況だからこそサポーターの大きな声援を後押しをしたい。
今は我慢の時期だとわかっている人が多いので
試合後もブーイングや野次はなく拍手も多く暖かい雰囲気でしたが
我慢の時期だからこそ試合中の応援ももっと頑張って選手をサポートしよう。


それと相手選手や審判に対するブーイングについて。
言うまでもなく川崎には元ジェフの山岸智がいます。
移籍際のコメントや、等々力の最寄り駅に貼られているポスター等、
ジェフサポの心情を逆なでするような経緯があるだけに
思いきりブーイングするのはアリだと思います。
俺も川崎が登場した時や選手紹介の時もブーイングしました。

ただ試合が始まっても延々と智へのブーイングをしている人も多かったです。
応援の声量はそのままでさらにブーイングだけ聞こえるというのは
ブーイングはするけど応援はしないというサポが多いという事ですよね。
サポーターが背番号12をもらっている意味を考えた事がありますか?
特に昨日のように退場者が出て1人少ない状況ですることは
相手や審判にブーイングする事ではなく、ジェフの選手へ声援を送ることではないでしょうか?
万博でも水本へブーイングばかりしている人もいましたし、
ブーイングしにスタジアムへ来るのもその人の自由ですけど、
サポーターなら「自分のしたい事」よりも「ジェフのためにするべき事」が優先されるべきではないでしょうか?


J's GOALではクゼの審判に対するコメントが全部カットされていますね。
敗戦後の感情に任せた審判批判ならともかく
あれだけ冷静でかつ建設的な意見をカットしてしまう事は
昨日の審判の判定以上に信じられません。

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

アキ

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。