月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/23

柏戦観戦記

等々力での川崎戦をお休みしたので未だ今季勝利を味わってません(汗)
今日の見どころはやはりフルゴビッチ。
かつてJリーグに所属していたとはいえ、
かなり前の事で、その時も常時出ていたわけではなく
ジェフのチームメイトとの連携もまだまだでしょうから、
この一戦ですべてを判断する事はできませんが今日の出来は期待はずれでしたね。

試合は前半に右からのクロスが中央を抜けてファーにいた太田の
角度のない所からのシュートで柏に先制される。
前半のジェフは例によってグダグダ。点が入る気がしない。
後半にフルゴビッチが退場して10人になってしまうが、
これが逆に良い方に作用し、「堅守速攻」という明確な意思統一の下、攻撃に勢いが増す。
セットプレーの流れから大輔の豪快なシュートが決まって同点。

その後もワントップを任された孝太を中心に浩平、谷澤で
虎視眈々とゴールを狙い続けるが追加点は奪えず。
ちばぎんカップと同様に1-1で90分終了。

10人になってから追いついたのでホームでのドローもアリかな。

ナビスコとはいえホームゲームなんだからもっと見に来ようぜ、ジェフサポ。


ゴール裏視点の当てにならない感想
・孝太はやはりトップで使った方が怖い存在
・谷澤はスーパーサブがあってるかも?
・レイナウドがよくない。ケガ明けのせいならいいのだが。
・2トップにした方が点が取れるのでは?


応援について
・今日はよく声が出た。今季4試合目にしてようやく本調子が戻ってきたかも。
・フルゴビッチのコールは「ミルコ・ミルコ・ミルコ(***)」
・ちばぎんの時にやらなかったから、使わないのかと思わせておいて「柏には負けられない」歌いまくり。

その他
・マッチデーカード貰い忘れた…

スポンサーサイト
2008/03/15

清水戦観戦記

giallocodanmaku.jpg

自己満な画像ですがジアロコダンマクから観戦記スタートです(笑)
ちなみにこのダンマク手作りです!

ワンコインがなくなって開場後の楽しみがなくなりました。
ダンマクの写真を撮るためにコンコースを反対側まで回ったのですが
今までワンコイン売り場だった所に何もないこの虚しさ・・・
というわけで珍しくいきなり試合に入ります。

あ、イヤーブックだけ買いました。詳しくはまだ読んでません。
移籍した選手をできるだけ載せない様にしている辺りに写真選びが大変さが伝わってきます。
レディースの試合結果まで載っていて何か嬉しい。

選手紹介がまた変わりました。
コールリーダーの説明では「オーレ」と言うと言ってましたが
ガマちゃんが名前を読み上げている時に「オー」、
読み終えた後に「オイ!」という感じでした。

G大阪戦と変わって今日は4バック。
中盤にいきなり馬場が先発。あとは開幕戦と同じメンバー。
米倉がベンチからいなくなってしまいました(汗)

9分に中盤から持ち上がった藤本のロングシュートが立さんの手を弾いてゴールイン。
これでリズムを失ったジェフは得点の雰囲気をまったく感じさせず、
ちばぎん、G大阪戦と見えていた希望が一気に消えかかりました。
しかし、30分に投入された谷澤がPKを奪い、それを巻が決めて同点。
さらに巻のヘッドがポストに直撃するなど勢いを取り戻す。

後半になってもジェフは良い感じで攻撃を続けて何度が決定機を作るも決めきれない。
中島がボールを失いカウンターから岡崎にキツイ一撃を決められる。
最後はボスナーを前線に上げるも効果的にパワープレイを仕掛けることもできずに試合終了。

敗戦ですが同点ゴール後は攻撃に勢いもあってスリリングな展開でした。
失点も崩されたものではないし、気持ちを切り替えて次の試合に臨みましょう!

コメント欄にて似顔絵ゲーフラの作り方の質問があったのでアキ流ゲーフラ作成術大公開!!

みんなでゲーフラ作ってフクアリで掲げよう!

続きを読む

080308.jpg

ジアロコメンバー6人で車で万博へ。
前日の深夜1時に出発して、スタジアムへ着いたのは9時過ぎ。
開門が10時30分なのでちょうどいい感じでした。
遠征慣れしてきたのか長時間の車での移動もそんなに苦になりませんでした。
入場口はすでに多くのジェフサポの姿が。
今年の新作のジアロコマフラーを身にまとい、いざ入場!
アウェーならではのグリダーレの後方の爆心地で応援。

「さあ行けよ ジェフユナイテッド」の歌詞の新曲がいい。

最初はセーブして応援したちばぎんと違って今日は最初から全開応援!!
特にキックオフ直後は応援に集中しすぎてあまり試合が見れなかった(汗)

スタメンはGKが立さん、DFは左から青木良、エド、大輔。
坂本と松憲を両翼に置いて、中央を東美、中島。2列目がワイド気味に孝太と浩平。そして巻。
外国人が揃わず、ケガ人も多い。この状態でどれだけG大阪と戦えるのか?

前半からポゼッションで圧倒され、カウンターを狙ってもフィニッシュまで持っていけないジェフ。
前半8分にバレーのヘッドがポストに直撃した場面以外は決定的な場面はなく、
DFが最後までコース消したり、体を寄せたりとG大阪に正確なシュートを打たせず
枠に飛んだシュートは立さんが見事にセーブ。
応援はSave a Goalと守備の応援が延々と続いた。
早い段階で青木良→結城のDF陣の予定外の交代もあったが動揺もなく冷静に対応。
攻撃では坂本に惜しい場面があっただと、苦しい展開ながらも前半は0-0。

前半印象に残ったのは松憲。何と言っても初速が速い。
ボールを持っていてもフリーランニングしているからのように
スペースを駆け抜けたり「おお!」と思わせる場面が何度か。
ただパスはイマイチだった(汗)

ハーフタイムで疲労回復しながら思いを駆け巡らせる。
この展開はプラン通りかも知れない。
今のジェフにG大阪と撃ち合いをして勝つだけの攻撃力はない。
しっかり、守って一瞬の隙を狙ったり、セットプレーからゴールを陥れるしかない。

後半、右サイドの浩平のクロスに巻が決定的なヘッドもGKに弾かれる。
そのCKから今度は大輔がドンピシャヘッドもGK正面。
う~ん。この流れで一点欲しかった。

後半の印象に残ったのは孝太。
体を寄せられてもキープしながらボールを前に運んだり、
テクニックを存分に発揮できるようになっていた。
今までは積極性は目立ってもボールを奪われる場面も多かったので
後半のキープ力はカウンターを狙うジェフにとっては大きな力になりそう。
1対1では水本がファールで止めてイエロー(笑)
2005年に巻が磐田に移籍した茶野にファールさせて
イエロー出させてガッツポーズしたのを思い出した。
今回は水本が変なオーバーアクションしてたけど(笑)

ジェフは孝太に変えて谷澤を投入。浩平に変えて米倉投入。
米倉は試合を決定付ける仕事をするにはもう少し経験が必要かも。

後半もバレーを筆頭にシュートが飛んでくるが立さんが幾度となくセーブ。
時間がなくなるとG大阪はロングボールを多用するも
こうなると、耕造、エド、大輔の高さが生きる。ことごとく跳ね返し続ける。
去年までのジェフなら耐え切れずに失点していたような展開も
今年は最後までゴールを奪わせない粘り強さ。

終盤にはカウンターにかける人数も少なく
巻も前線からの守備に追われて
得点のチャンスはなかったがアウェーで貴重な勝点1をゲット。

人数かけて守っても、それをこじ開けて勝って来たのがG大阪。
その攻撃陣を0点に抑えたのは自信になったはず。
まず守備の構築から取り掛かり、一定の成果を出した事で
選手の監督への信頼も高まっただろうし。

攻撃が迫力不足なのは否めないけど、
この試合のメンバーにレイナウド、新居、馬場、苔口、フルゴビッチが加わって
連携が高まれればと想像するとかなり楽しみに。
この試合で今後何もかもがうまく行くという楽観視は禁物ですが悲観する事もないと思います。
次はホーム開幕。最高のサポートで選手を迎えましょう。

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。