月刊ジェフサポな日々

JEF UNITED応援BLOG

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこリーグDiv.2 第6節
清水第八 1-7 ジェフレディース
得点:清水③、後藤、三上、井上、石田

ここまで不発だったみっちーがハットトリックの大爆発!
安田さんが3試合ぶりにベンチ入り!
左サイドバックのライバルである後藤さんが
女子のユニバー代表候補に選出され
清水戦でもゴールも決めて勢いに乗っていますが
後藤さんが代表合宿でいない間(5/28-6/3)に
練習でばっちりアピールして
スタメンで次節は出て欲しいです。
次節は見に行きます!!

この勝利で福岡を抜いて3位に浮上。
首位との勝ち点差は変わらずですが
次節は高槻とマリーゼの直接対決なので
2位浮上のチャンスですね。

次の17日の試合は久々のホームゲームで場所は長生。
トップがフクアリで甲府戦の日なので
ギリギリでダブルヘッダー可能です。
多くのジェフサポに駆けつけて欲しいです。


JFL 第13節
FC琉球 3-3 ジェフリザーブズ
得点:中原、河野将、小沼

引き分けで9位をキープ。
メンバーから堀川の名前が消えました。
これはトップ帰還の予兆でしょうか?
そうじゃなかったら・・・
中原が調子良いみたいですね。
トップのボランチは層が薄いので貴重な戦力になって欲しいです。

スポンサーサイト

開場までにおもしろい事はなかったので開場後から。
マッチデーカードは下村。
ワンコインに新作が出ていたようです。買ってません。
中島さんはいたけど他はBチームの選手みたいでした。

智のリストバンドを交換で入手しました!

復帰が期待されたイリアンは残念ながらベンチ外。
ただ試合前の練習には参加していました。
次節はいけるのではないでしょうか?
FWは久々に巻と新居の2トップでスタート。

22分に下村が高い位置でボールを奪い
左サイドから羽生がクロスを入れて
巻がファーでヘッドで折り返し
フリーの新居がトラップからボレーでゴール!
素晴らしい流れからのゴールでした。
待望の先制点で決めたのが新居とくれば
会場の盛り上がりは早くも最高潮!

オブラディ久しぶり。
得点後のあっこちゃんは?な気もしますが、
勝っている時はPRIDEやらなくて良くないですか?
ラスタとかオーレとか明るい曲やって欲しい。

首位を走るだけあってG大阪の猛攻は凄まじく、
バレーとマグノの2トップは本当に怖い。
隙あらば強烈なシュートを打ってくる。
しかし、ジェフの守備陣は気持ちのこもった守備で
何度となくG大阪の攻撃を跳ね返す。

後半にG大阪は家長投入。
これでジェフは防戦一方となってしまう。
自慢のポゼッションサッカーはまったくできず
クリアで逃げる回数が増えて
カウンターから何度からチャンスは生まれるが
G大阪にボールを圧倒的に支配される。
なんとか失点こそ逃れていたものの
その状況を打破しようとしたのか新居に代わって浩平投入。
しかし、この交代も効果が薄く
羽生のバックパスを明神にかっさらわれて同点ゴールを決められる。
その後はG大阪のプレスが緩んだ事で
一進一退の攻防が続き
浩平が後半最大の決定機を外してしまった事で
勝点3はジェフの手からすり抜け
ロスタイム間際に遠藤に完璧なFKを決まられて最悪な結果に。
立さん完全に逆を付かれていたけど
A3でも同じコースに決められていたけど
何とかならなかったものか・・・

さて、今日の応援ですがいつもより良かったと思います。
ここ最近では一番良かったかも?
それが俺のブログの昨日の投稿の影響だとは思っていませんが
もし、声を出すきっかけになった人が一人でもいたとしたら
こんな嬉しいことはありません。
それ以上に今日の試合の重要性をわかっている人が
多かったのだと思います。
選手もその応援にそれに応えるかのように
気持ちの入ったプレーを見せてくれたと思います。
残念ながら結果はついて来ませんでしたが
今日の選手達には拍手を送りました。
励ます意味の拍手ではなく、
純粋に良い試合を見せてくれた事に対する感謝です。

俺はゴール裏は飛び跳ねて大声を出して応援することが
許された唯一の場所だと思っています。
ゴール裏にくる以上は応援する気持ちがあるから来ていると思ったから
昨日のような文章を書きました。
余計なお世話と言われればそれまでですが
もし応援に参加したいけど恥ずかしくてできないとか
なかなか思い切れないという人を後押しになれば、
あるいはあまり深く考えていなかった人に
応援というものを考えるきっかけになってくれればと思って
書いたのだけなので
応援しない人をどうこう言うつもりはありません。
ただ応援する人が増えて欲しいだけです。
それで良い応援で選手をサポートできるようになりたいのです。

現状ではゴール裏全部を応援する人で埋めるのは不可能ですが
少なくとも一階の中央付近は3ブロック位は
応援する気持ちを持った人たちだけが集まる場所になって欲しいです。

残念ながらナビスコカップは敗退してしまいましたが
ジェフの2007年シーズンはまだまだ続きます。
これだけ負けが込むとサポもあれこれ考えずにはいられませんが
サポにできる事は何かといえば応援するしかないわけです。
それでも今までと同じでいいかといえばそうではない。
そこでたどり着いたのが今回のタイトルです。

俺はゴール裏住人なのでやはり気になるのはゴール裏の応援で、
19日のフクアリでの広島戦をアウェー側のスタンドから見て
ホームの応援としては迫力不足を痛感しました。

ゴール裏で観戦する人、全員にお願いしたい。
90分ずっととは言わないのでチャンスの時や
盛り上げるべきときは飛び跳ねて欲しい。
少しでも声を出して応援して欲しい。
拍手は胸の前ではなく頭の上で力強く。

フクアリのゴール裏の一階は常に満員です。
人が足りないから声量が足りないわけではないはず。
ゴール裏にいるのに声を出して応援していない人が
どれくらいか正確にはわかりませんが
その人達が応援するようになれば
それだけジェフの応援に迫力が増すわけです。

ジェフのゴール裏の応援に不満はあるかも知れませんが
サポが一丸となった応援が選手の心に響かないわけがない。
ゴール裏に集まったサポ全員が一致団結して声援を送る。
ゴール裏サポにできる唯一にして最大のサポートです。

ピッチ上でプレーするのは選手ですが
スタジアムの雰囲気を作るのはサポーターです。
スタジアムの雰囲気で選手の集中力が増したり
サポの応援が選手に少しでも力を与えられるとしたら
応援しない理由なんて存在しないと思います。

何度も同じような展開で敗戦を繰り返し選手は苦しんでいる。
こんな時だからこそサポが盛大な応援をして選手を後押ししないと!
「悪い流れを断ち切るぞ!」という強い意思をサポから発信しよう。

現在の苦しい状況でもフクアリへ足を運ぶということは
本当にジェフを好きな人が集まっているはず。
社長は中断後までの建て直しを約束しましたが
サポは明日からすぐに応援という行動を取れます。
一人一人の力は小さくても
多くの人の力が積み重なれば強力な力になります。

相手のプレーや審判の判定に苛立ちを感じることもあるでしょうが
自分の持っている力のすべてをジェフの選手を応援するという
ポジティブな方向に向けましょう!

風邪でまだ喉の調子が悪いですが
明日は無理してでもゴール裏で応援します。

ジェフリザーブズは佐川印刷SCに2-1で勝利!
得点者は鳥養と渡邉。現在9位です。
トンス加入で堀川がベンチに(汗)
この試合では後半頭から出場しましたが
今後はトンスとのレギュラー争いに火花が散りそう。

われらがジェフレディースは
4連勝中の首位のFC高槻を2-0で撃破!!
今季初完封のおまけつき。
得点は三上さんと石田さん。
広島戦でワンコインを売っていた安田さんは当然出てません。
控えも4人しか連れて行かなかったようです。

福岡vsマリーゼがドローだったこともあり
順位は変わらず4位ながらも
首位との勝点差を3に縮める貴重な勝利。

しかも、ジェフレディースは
第1クールの高槻、マリーゼ、福岡と昇格ライバルとの対戦を終えてます。
残りの2試合は清水第八、京都と下位との対戦。
ここで連勝できれば残りの3チームは
この後の試合で潰しあってくれるので順位UPが狙えます。
次節は高槻vs福岡、その次はマリーゼvs高槻があります。

2007/05/21

広島戦観戦記

当日の朝に38度近い熱があって喉が痛いのでゴール観戦は自粛。
ギリギリまで家で様子を見て若干熱が下がったので何とか出発。
生観戦する試合のスタメンメールを家で受信したのは初めてかもしれない。

3時過ぎにスタジアムに到着。
マッチデーカードはグッピーでした。

アウェー側で大人しく見ようとコンコースを回ると
ワンコイン売り場に安田さん発見。
=明日の試合に出ないという事なのでどちらかというとガッカリ・・・

アウェー側に戻ったら1階席は人が増えていたので2階席で観戦。
2階から見ると立体的でいつも平面で見ているので凄く新鮮で、
いつもの後ろでのボール回しを見ているだけでちょっと楽しかったり。

立さんが飛び出した所にクロスを入れられて
中島がハンドで止めるも押し込まれる。
ゴールかと思ったらPK判定。
残念ながら今日もビハインドで試合は進みます。

あの状況で故意にハンドして退場しなかったのは
ラッキーだと思いましたが
ハンドする必要があったのかどうかは・・・
その後に中島はあまり見せないドリブル突破から
積極的なシュートなどありましたが得点には繋がらず。

失点後に勇人が負傷?で新居と交代。
ただで故障者が多いだけに非常に痛い。
しかし、交代で入った新居のゴールを最優先に考える積極性は
今のジェフに一番必要なものだと思った。
19分に裏に抜け出して決定的なシュートを放つ。
直後には巻へ決定的なパスを送り攻撃を活性化させた。
巻はあれは絶対に決めないとダメだろう。

この二つのチャンスを逃した直後に
ウェズレイに2ゴールを決められてしまい
FC東京戦に続いて絶望的な状況に。

後半入場時にアメグレが歌われる緊急事態。
ジョレ→浩平に交代。
後半の広島は守備重視でCKでも2~3人しか攻めに参加してこない。
21分に晃樹が押し込んで反撃の狼煙が上がったかと思ったが
直後のプレーで羽生が負傷で時間が止まって
急激に天候も崩れてゴールの勢いを維持できず。

羽生が交代した後に救急車が見えました。
大事には至らなかったようなので一安心ですが
あそこで小さな羽生が体を張ってゴールを狙いに言った
気持ちを他の選手が感じて奮起して欲しかったが・・・

豪雨の影響で顔を上げていられないのもあったでしょうが
試合後の選手達はみんな下を向いていました。

試合後にジアロコに顔を出そうと移動すると
ゴール裏の中心は社長との対話を要求。

中断期間後までの補強と建て直しを約束するので時間が欲しい。
目に見える形では動いていないが
現状で良いとは思っていないという事を社長自ら話されました。
ただ外国人の補強は考えているが人材の絞込みは済んでいないとの事。

現在の状況を考えれば納得の行く答えが返ってくるとは思いませんでしたが
最低限の対応はしてくれたのかなと思います。
しかし、アマル監督についてなにも言及がなかったのが意外でした。
ここまで毎回同じ展開を繰り返して負けているのに
結局は何も改善されず「悪いサッカーをしているわけではない」では・・・
勝ったり負けたりなら「相手がいる競技だから」で済むけど
全然勝てないのを正当化する理由になるとは思えません。
中断後の補強を約束する事で結論を先延ばしにするよりも
「中断期間までこの順位が続くなら監督の解任も考えている」ぐらいの
プレッシャーはかけてもいいのでは?
こんな状況だけに最悪の展開も想定して対策立てておかないと・・・

降格圏に落ち込んでも監督の座は安泰で
やるサッカーは変えずに選手は常に固定。
これで流れが変わるとは思えないですよね。
試合が始まって少しでも悪い流れになったら誰にも止られない。

といってもサポは監督、選手を信じて応援するしかないので
次までには体調を整えて応援できるようにします。

タイトルはPRIDEのジェフレディース応援バージョンの歌詞です。

14日のFC東京戦の観戦記や
16日に書いたTG観戦記に比べて
15日に書いたレディース観戦記のアクセス数が悪くて
レディースの注目度が低いのが伺えます。
当たり前といえば当たり前ですが(汗)

すでに多くのブログやサイトで紹介されていますが
ジェフレディースの新聞記事です。

これを読んでますますレディースを応援する気持ちが強くなりました。
彼女達を支えるには試合を応援に行くのはもちろんの事、
レディースの活動資金になるワンコインを買い込う事ですね。
去年は売り切れることが多かったので良い傾向?
あとはたくさん種類出してもらえばバシバシ買いますよ!
レディースバージョンのカードもあったら面白いかも?

資金面に余裕がでれば会場も
あまり人が来ない東総や長生ではなく
(去年は東総で観客61人とかあるし)
フクアリや稲毛、秋津などで多くの人が見に来れる会場で
開催できるようになるかも知れないし、
たくさんの観客の前でプレーできれば頑張れると思うので
地道に貢献していきたいです。

記事中にマリーゼ戦の観客1200人とありますが
ガイドブックによると去年のフクアリ開催は580人という事で
マリーゼサポが多かったのもあるでしょうが、
ジェフレディースの認知度が上がって来ているのかな?

ちょっと今更ですがマリーゼ戦に関する選手本人ブログの記事紹介。
みっちー石田さん
サポが試合の感想を書いて
それに本人が答えているのはトップではありえない
レディースならではの光景ですね。
俺も何か書きたい所ですがまだミーハーなので控えてます(笑)

さて、そのみっちーブログに書かれていたのですが
20日が遠征のためAチームの選手は
19日の広島戦はワンコイン売り場にいないようです。
神戸戦に続いてまた安田さんはいないのか・・・

それと紹介しようと思っていたら閉鎖されてしまった
ジェフレディースの応援サイトですが復活したようなので改め紹介します。
かなり勉強になります。
レディースのBチームは千葉県リーグに参加しているみたいです。

さて次のジェフレディースのホームゲーム開催地である
長生フットボールパークを調べていたら
オフィシャルサイトがあったのですが
サッカー場は9月末で閉鎖となっています。
11月に京都戦が長生で組まれていますがどうなるのでしょう?

試合前日にのんきにレディースの記事を書いてはいますが
昨日から体調不良で明日ちゃんと応援できるか不安です(汗)

2007/05/16

TG観戦記

U-20日本代表がジェフとトレーニングゲーム。
JEF公式では非公表になっていましたが
JFAには稲毛と載っているので見に行ってきました。

試合の30分前に着いたのですがすでにスタンドは満席。
テレビカメラもいていつもと違う雰囲気。
フジの本田朋子アナらしき人もいました。
立ち見エリアにも報道カメラマンも多数いて
どこで見ようか迷っていたら
ジェフ魂でお馴染みの広報の志賀さんが
報道陣をまとめてピッチの反対側に連れて行ってくれたおかげで
人が減って日本代表ベンチ裏で立って観戦。

スタメン
GK:立石
DF:池田、ジョレ、大輔
MF:下村、中島、パク、楽山、勇人
FW:新居、黒部

ジョレが3バックの真ん中で勇人がトップ下。
水本、浩平、智は不在。

U-20は名前はわかっても顔がわからないですが
河原、森島、柏木、田中アトム、槙野、林など常連メンバーでした。
青木は控え。

最初にU-20代表が両サイドを大きく使った攻撃で先制。
すぐに失点する癖が本当に治らない。
代表や故障で主力の半分を欠くジェフですが
いつも通り後方からのボールを回して崩そうとするがうまくいかない。
カウンターの場面でもわざわざ後ろに戻して
結局崩せなくてロングボール放り込むぐらいだったら
新居がいるのだから一気にディフェンスラインの裏に
ボールを出す選択肢があってもいいと思うのだけど。
後ろで回している所を奪われそうになったり
いつもの嫌なシーンが繰り返される。

新居がペナの中を強引にドリブルして得たPKをジョレが失敗。
何もかもがうまくいかない感じ。

1本目終了。
U-20は青木とマイク・ハーフナー投入。
ジェフの交代は立さん→グッピー。

2本目からはかなりジェフが攻勢に。
CKから何度も惜しい場面が生まれる。
同点ゴールは中島のミドルが相手に当たって
空高く上がったボールをDFがうまく処理できずに新居が決める。

2本目途中でジェフはメンバー総入れ替え。
DF:山中、竹田、充喜
MF:伊藤、米倉、松本、韻、金沢
FW:トンス、堀川

米倉の素早いリスタートからトンスが決めて逆転。

3本目。
グッピー→中牧。
青木は2本目はFW、3本目の最後の20分を左サイドでプレー。
ラスト15分で充喜→中原。
ジェフもU-20も控え同士となった3本目はゴールがきまらず終了。

風が強くて途中からかなり寒かったし
45分×3本を立ちっぱなしで見るのは辛かったです(汗)
ジェフもあまり調子が良くなくて
ちょっと不安が残る試合でした。

見にくかったのでスコアや得点者が間違ってたらごめんなさい。

ようやくレディースデビューしてきました。
ジェフレディース vs マリーゼ@フクアリ
ちょうど12時にフクアリ到着。
なでしこリーグのガイドブックを買ってみたり。クリアファイルつき1500円。
ngb.jpg
会場販売分は売り切れたそうです。

入ってすぐに試合に出ないレディースの選手達を発見。
その中に安田さんがいない事を確認して一安心。
とりあえずメインスタンド真ん中の見易そうな席を確保。
入場にもらった選手一覧の表だと思っていた紙に目を通すと
すでにスタメンも書いてあって
22 安田有希 Not Playと書かれているのを発見した時は絶句・・・

安田さんの出場の有無に関わらず
レディース観戦を楽しむつもりではいたが
実際に出ないとわかるとかなり凹んでしまい、
なぜか席を立ち上がってそのままフラフラ徘徊(笑)
ホームゴール裏よりにジアロコひでくんを発見したので移動。
コアな方が多いらしく色々レディースに関する情報を聞けました。
しかし安田さんのベンチ外の理由はわからず。
実力なのかケガなのか?

そんなこんなで選手が練習のために登場。
そんな俺の前に希望の光が!安田さん登場!
給水用の水をセッティングするために俺の前を行ったり来たり。
場所を移動したのが結果的に大成功となるナイスな位置取りでした(笑)

とりあえず安田さんが見れたことで
気持ちを切り替えて試合に臨みました。
入場は勝利へのマーチ。
い~つも勝利をめざし~♪た~た~かえ ジェフレディ~ス~♪

トップとはちょっと違う形の円陣の組み方ですが
円陣ダッシュはレディースもやります。

スタメン
GK:杉浦
DF:柴田、阿部、河村真、後藤
MF:金野、井上、三上、石田
FW:清水、深澤

周りにいたコアサポな方々は選手を名前で呼んでいたので
さっそく真似してブログでも名前表記にしようかと思ったのですが
誰だか自分でわからなくなりそうなのでしらばく苗字で様子を見ます(笑)

選手のコールも基本的に名前。
杉浦=マキ ***(巻と同じ)
柴田=サトミ ***
阿部=アベ~アサ~ミ ** ** *(いわゆる柳沢)
河村真=マリコ ***
後藤=フミ!フミ!(パク連呼と同じ)
金野=コンノ ***
井上=ユイコ ***
三上=ミカミ ***
石田=イッシー ***
清水=ミッチー ***
深澤=リサ ***

安田さんのコールはヤス!ヤス!らしいです。

強豪マリーゼが相手ということで苦戦を勝手に予想していましたが
意外と善戦するジェフレディース。
みっちーのスピードはマリーゼ相手でも十分通用する。
というより速過ぎて卑怯なぐらい(笑)
サイドのスペースにボールを出せば
必ずみっちーが誰よりも早くボールに追いつく。
守備でもあっという間に相手手の間合いをつめて
ミスを誘発してかっさらってしまう。

ただ前半も中盤を過ぎた事から
中盤の構成力の差が出たのか劣勢になっていく。
右サイドの井上さんの守備に不安があり
そこから何度も攻め込まれるが最後はDF陣が奮闘で凌ぐ。
特に阿部さんの体を張ったディフェンスは凄かった。
井上さんは攻めの時は光るものを感じさせるが守備が軽い。
なんだか晃樹を思い起こさせる。
なんとか0-0で前半を終えて後半へ。

GKの杉浦さんがユニの色を間違えていたらしく
赤から緑に着替えていました(笑)

後半もゴールが生まれぬまま時間が過ぎて
これは1点勝負になりそうと感じていたら
後半15分過ぎにゴール前の混戦から深澤さんが
GKの上を越えるゴールを決めてジェフレディース先制。
守備陣がかなり安定しているので
もしかしたら勝てるかもなんて思っていたら
80分にセットプレーから失点。
OWN GOALと発表されましたが誰だったのかわかりません。

同点後はマリーゼが勢いにのって攻撃に出るが何とか死守。
柏原さん、岡上さんを投入して
少ないチャンスでゴール狙うがゴールは奪えず試合終了。
勝てなかったのは非常に残念。でも良い試合だった。
昇格有力なマリーゼ相手にこれだけ戦えるならかなり期待が持てます。
ここまで1勝3分と思うように勝点が取れていませんが
次は4連勝中のFC高槻が相手なので
アウェーですがなんとか勝点3をもぎ取って勢いに乗って欲しいです。

試合後はジェフサポがマリーゼのコールでエール交換。
でもマリーゼサポは戸惑っていたみたいでした。

「気分転換になれば」なんて気持ちだったのですが
試合が始まってみれば引き込まれてジェフレディース満喫してました。
小さい体で広いピッチを走り回る選手達に力を貰いました。

1試合見ただけですが選手の特徴もわかってきて愛着が湧きました。
次からワンコイン売り場に行くのが楽しみになりそうです(笑)

今日は開場前にハレルヤさんとサッカー対決しました。
俺は団体の人と話したりする事がほとんどないので
こうして団体同士での交流は非常に良い機会だったと思います。
もっとも下手な上にスタミナのない俺はほとんど何もしてませんでしたけど(笑)

選手層が厚くて応援もあるハレルヤに対して
ジアロコは控えなしで応援もこない(笑)
ゴールもセルフジャッジで結果がどうだったのかは
よくわからないままでしたが楽しかったです。
ただ必死に走ったせいで足の裏の皮が剥けて大変な事になりましたが(汗)

そんなわけで開場。フィッシュ&チップス食べている人多数。
1時間前にはサポミ。決起集会ばりに応援が始まってそのまま席に。
まだ選手が登場前から延々と応援が続く。
それはゴール裏からの今日の試合にかける気持ちの現れでした。
選手が登場してからも全力応援。
今日で連戦は終わりなので後の事は考えずにとにかく声を出して選手を鼓舞。

ナビスコで途中出場だった巻、羽生、晃樹に加えて智もスタメン。
まだ万全ではないのかジョレはベンチで池田が起用された。

開始早々に巻のパスに羽生に決定機が訪れるが決まらず。
最近、いつも最初のチャンスを外して自分達で首を締めているような・・・
26分にルーカスが浩平を振り切りカバーに来た勇人をもろともせず弾丸ミドル。
そんなゴラッソをジェフ戦で決めなくても・・・と思いましたが
まだ前半。まだ1点。
しかし前半のジェフは危険なプレーがあまりできず前半終了。
気持ちを切り替えて後半の巻き返しを期待したが
開始早々に失点して出鼻を挫かれ、さらにミスが続き3点目・・・
ギリギリで保ってきた応援の気持ちも
4点目のオウンゴールで完全に折れてしまった。

なんとか応援だけは続けて勇人のゴールで一時期は盛り返したが
東京を焦らせるような追撃はできずに敗戦。完敗。
試合中からすでに罵詈雑言が飛び交っていた事から用意に推測できるように
試合後はブーイングの嵐・・・
ブーイングされても仕方ない試合ではありましたが俺はできませんでした。
試合中のどの応援よりも試合後のブーイングに一番声が出る
ジェフのゴール裏の現状は逆に選手に申し訳なく感じました。
試合後に特大のブーイングする力があるなら
その力を試合中の応援に使って欲しかった。
俺は敗戦後は疲れと色々な思考が頭を駆け巡り
いつも立ち尽くすだけで何もできません。
それじゃダメなのはわかっているんですが・・・

2007/05/09

お詫び

昨日の追記に関して「結局言っている事は同じ」と意見を頂きました。

俺自身がジェフを応援するようになって
色々試した結果にたどり着いたのが
ゴール裏で応援するということなので
どうしてもゴール裏中心の視点になってしまい
その結果「他の席はダメ」と言っている感じになって
書けば書くほど泥沼にハマッていると自分でも思います。
特に昨日の投稿は「ゴール裏の人はこんなに頑張っている」みたいな
アピールする感じで余計に嫌味にも取れますよね・・・

個人がどう思うかは自由でも
こうしてブログに書いて多くの人に見てもらっているからには
必要以上に配慮しなければならないのに
今回の件に関しては非常に軽率だったと思います。

観戦記で俺の言っていた事は
ゴール裏にいない人に「ゴール裏は騒いでいるだけ」と
言われて不愉快なのと同じですよね。
拍手した人の気持ちもわからないのに
勝手に決め付けて多くの人を不快にさせてしまって本当にすいません。

消して何もなかった事にするつもりはありませんが
残しておくと余計な火種にもなりかねないので
柏戦観戦記と昨日の投稿の問題の部分は削除しました。

ヤバイその1
喉の調子が回復しない。
試合前日だというのにかすれ気味です。
ギリギリで明日には治るかも知れませんが
応援したら余計に悪化するのは目に見えているので
その次の味スタがさらにヤバイ・・・

ヤバイその2
智が左ひざを痛めて欠場の可能性が。
相手の神戸にとっては消化試合で
メンバーもモチベーションにも落としてくるだろうから
ジェフも控えメンバーを出してもいいのでは?
アマルのことだからまたいつものメンバーの可能性がありますが
これだけリーグ戦で勝利できないチームが
ナビスコに全力を注いでいる場合なのか?
過密日程だから主力の温存して、
控えに経験を積ませるのがベストな気がします。
正直、巻や羽生は休ませて欲しい。
もちろん誰が出ても全力で応援します!

ヤバイその3
チケット全然売れてない。
前日の時点で4割。シーチケ含んだ売れ行きだから
今年の最少動員だった広島戦の7231人を更新しそう(汗)
後半割引もあるし、柏戦と違って天気もいいのでぜひフクアリへ。

ヤバイその4
L2の第3節。福岡と対戦して2-2のドロー。
得点は石田さんと阿部さん。
3連勝の高槻とマリーゼと4差になってしまいました。
このあとの直接対決では絶対に負けられない!
福岡戦の試合詳細を見てビックリ。
安田さん控えにもいない・・・
ここまでの3試合でメンバーはかなり入れ替わっているので、
過密日程ゆえのターンオーバーでしょうか?
ケガじゃなければいいのですが。
次のマリーゼ戦は念願の生観戦なのに安田さんいなかったら泣くぞ。

ちなみに詳細不明だった第2節のルネサンス熊本戦の得点は
川村(真)、今野、井上、OG、柏原でした。
安田さんはスタメンフル出場。警告受けてるけど(汗)

いまだ不発のエースみっちーがゴール決めれば勢い出るはず。

2007/05/08

柏戦観戦記

あいにくの雨。
1時過ぎにフクアリについたら早すぎて暇でアリオに移動。
久々にアリオに行ったわけですが、
駐車場は混雑も店内もかなり混雑していました。

列整理前にフクアリに戻って開場待ち。
「大雨なんだから開場を早めろよ」と
誰もが思う中、10分だけ早く開場。
マッチデーカードは勇人。雨で若干濡れてしまいました。
スタアジムに入ると風向きのおかげで雨は吹き込んでこない。

席を確保した後はいつも通りコンコース探索に出ます。
この日はレディースが福岡で試合をしているので
ワンコイン売り場に安田さんが絶対にいないとわかっているのが辛い(汗)

satorut.jpg
智の100試合記念Tシャツを受け取りにいって
メインスタンド側のワンコイン売り場をチェックしたら、
新作が4枚くらい出ていました。
ジョレ、中島などが発売されていました。
安田さんからしか買わないので今回はスルー(笑)
ちなみに売り場にはBチームの人や
レディースのU-18(15?)らしき女の子がやっていました。
さすがにBチームの人の顔まで把握してません。

雨の影響で開場後にサポミ開催。
卵事件に関しても粋犬会さんから報告がありました。
それと以前提案された晃樹の応援歌が改めて披露されました。

席に戻って立さんと中牧が出てきた瞬間から応援全開モード。
柏には負けられない!!!
連戦の疲れやペース配分なんて完全無視(笑)
選手に気持ちを伝えたい!ただそれだけ。

序盤はレイソルのプレスがきつくて
ジェフはなかなか前にボールを運べないが
慌てることなくボールを回してチャンスを伺う。
しかし、効果的な攻撃も出来ずに
シュートを打っても枠を外れて得点できず。

後半に入って、またジェフの失点癖が顔を覗かせる。
レイソルにカウンターからシュートを決められて失点。
勇人が振り切られたものの人数は揃っていたのに
谷澤に上手く決められてしまった。

ここからジェフの反撃が始まるが
何度も生まれた決定的な場面でシュートが枠に飛ばない。
これだけチャンスを外していたら
勝てるものも勝てないと嫌な予感がしたが、
それでも71分には浩平のスルーパスに抜け出した
晃樹のクロスにニアで巻がDFとGKを引き付けて
ファーから走りこんできたで智がシュートを決めて同点!

カカポーズをとろうとしたら、
隣にいたジアロコてるさんに抱きつかれてできなかった(笑)
智はユニフォームのエンブレムにキスのパフォーマンス。

時間は残り20分。
羽生に代えて青木を投入。
最後まで激しい攻防が続くが
どちらもゴールネットを揺らすことなく試合は終了。

GWの3連戦で勝点3。
上位陣相手の連戦で最低限の結果ともとれるが
「満足」「良かった」という気持ちは少しもない。
試合後の挨拶ではバックスタンド側は拍手が多かったが
ゴール裏中央はブーイングか沈黙。

この試合で選手は凄く頑張っていたし、
内容的にも柏に勝っていたかも知れない。
だからこそ勝てなかった事が悔しくて
とても拍手する気分にはならなかった。

最近、ゴール裏という場所について
色々思うことがあるのですが
今日は長くなったのでまた書きたいと思います。

TDKと対戦したリザーブズは
堀川のゴールで先制するが後半に2失点して逆転負け。
俺が見た前節の試合ではゴールシーン以外に
見所がなかった堀川ですが昨日はどうだったのでしょう?
FWなので得点がなにより自信になると思うので
ゴール以外のプレーも精度を上げて積極的にガンバレ!

ちなみに現在のJFL得点王は
2年前にジェフに所属していた高橋泰です。
ロッソ熊本が頑張っているようです。

ジェフレディースはルネサンス熊本と対戦して5-1で圧勝。
安田さん活躍したかな?
得点者は現時点で不明。JEF公式の更新を早めにお願いします。
公式といえば開幕戦の動画がunited onlineで試合の模様が、
さらに無料で開幕戦後の選手&監督コメントが見れます。
照れながらコメントする安田さんがまたかわいい(笑)
ファン必見です。

それとレディースに関して訂正があるのですが
以前、今年の昇格争いにライバルは
マリーゼ、大原学園、福岡と書きましたが
大原学園はL1に昇格してました(汗)
代わりにFC高槻が降格しています。
その3チームは開幕2連勝しているので
6日高槻戦(A)、13日マリーゼ戦(H)、20日高槻戦(A)の
3連戦は序盤の山場になりそうですね。

浦和戦に関して追記ですが
昨日の試合後に緩衝帯を隔てて揉めていると思ったらこんな事があったんですね。
「試合後にもめる元気があるなら試合中にもっと応援しろよ」と
その時は思ってましたがこれはひどいですね。
しかも犯人が特定できていないのが意味不明です。
ジェフ側からはわからなくても投げた場面を見た浦和サポは必ずいるはず。
去年、フクアリで連敗が続いて
ピッチにペットボトル投げ込んだバカがジェフのゴール裏にもいましたが
その時は周りにいたジェフサポが犯人はこいつだと警備員に言っていましたし、
その人に「何してんだ!」と詰め寄る人もいました。

昨日の事件が起きた時に回りにいた浦和のサポーターは
その行為を見て何も思わなかったのでしょうか?

2007/05/03

浦和戦観戦記

朝の6時に起きて9時前には現地入り。
そんなに早く行って何をしているかというと
今回は暇でやる事がないという前回の教訓を生かして
ボール持参して球蹴りしてました。

入り口前の広場だと人通りが多かったので
奥の芝生でやってたら滑って見事にコケました(汗)
凄く良い天気でちょっと動くとすぐに汗だくになりました。
90分間飛び跳ねて応援するのが厳しい季節に突入ですね。

フクアリと違って開門は3時間前。
グリダーレの後ろの辺りに席を確保。
今日はいつもコメントをくれるyasさんも一緒に観戦しました。
ブログ経由でお会いするのは3人目ですが
一緒に観戦するのは初めてなのでかなり気合入れてやりました。
ブログで応援に対して偉そうに書いているのに
実際には大した事ないなと思われたくないので(笑)
実際、始まってみればそんな事を気にしている余裕はなかったですが。

阿部に対するブーイングは選手紹介の時だけしました。
試合中は基本的に気になりませんでした。
阿部がボールを持つと必死にブーイングしている人もいましたが
あの浦和サポに囲まれた状況で
個人個人の勝手な応援や野次なんで聞こえるわけもないので
そこはジェフサポ一丸となって応援して欲しかったですね。

スタメンにイリアン、ジョレが不在でディフェンスがやや不安。
恐らく巻も万全ではないのでかなり苦戦が予想されましたが
前半はそれほど浦和の攻撃が脅威とは感じず
ジェフもそれなりに攻撃の形が作れていたので手ごたえは感じたのですが
鈴木啓太が晃樹を抜いてクロスを入れて
ワシントンが押し込んで先制を許してしまう。

先制点を取られるとさすがに苦しい。
後半始まってすぐに大輔が2枚目のイエローで退場。
10人となってしまい勝点3を得るのがはかなり厳しい状況に。

そんなジェフに待望の同点ゴールが生まれる。
FKから水本が同点ゴールを叩き込む!
今日の水本は凄かった。
特にマークする相手に来たパスを
相手よりも早くボールに触って攻撃を防いでいるのが印象に残りました。

同点後は浦和に押し込まれる時間が長かったので
この水本のカットがピンチを未然に防いでいたと思います。
そして守護神立さんの大活躍。
やっぱり立さんは凄い。何度決定的な場面を防いだかわからない。

ジェフは青木と充喜を投入。
しかし10人では攻撃に人数をかけれず
引き分け狙いの守備固めでなんとか勝点1を獲得。

帰り際に偶然お会いしたyuzuさんにもお話したのですが
浦和相手に10人でビハインドを追いついてのドローは価値があると思いますが
そういう状況になってしまっていることが問題だと思います。
現実には勝点3を獲得できていないわけだし、
順位表には試合内容や状況なんて考慮されない。
試合後に喜んでいるジェフサポが結構いたのが意外でした。
選手達は間違いなく頑張っているしそれは評価に値しますが
やはり何よりも欲しいのは勝点3ですよね。
9試合を消化して勝点9ははっきり言ってまずい。

次の柏には絶対に勝たなかればならないと思います。
ホームでの試合ですし千葉ダービーでもあります。
天気も良くないみたいで
GWの最終日のナイトゲームと
条件的に良くないのでチケットに余裕があるみたいなのですが
一人でも多くの人にスタジアムへ足を運んでジェフの選手を後押ししましょう。
次の柏戦は本当に重要な一戦です。

見に行ってないのに当然のようにレディースの記事を書きます。

29日に秋津にて行われたジェフレディースの開幕戦は2-2の引き分けでした。
全体的にジェフが押していて常に先手を取りながらも
決定力を欠いてロングボールのカウンター2発で失点してのドロー。
得点はCKから阿部さんのヘッドと
石田さんのループシュートだったそうです。

肝心の安田さんはFWではなく
左サイドバックでスタメンフル出場。
ドリブルが得意らしいので
攻撃的なサイドバックとして活躍が期待できそうです。

試合に出てなくてプレーも見たことない選手を
「応援してます!」っていうのは俺的にどうかと思っていたので
安田さんがレギュラーで出場した事に一安心してます。
レディースの試合を見に行ける時が凄く楽しみになりました。
東総でも長生でも行けてしまいそうな勢いです(笑)

爆走357では俺がリクエストした安田さんの絵が!!
マルヤマ画伯さすがです。
レディースではすでに石田、清水、阿部、三盃が
描かれているのでこちらも要チェック。
密かに今年の短髪バージョンの智の絵も期待してます。
誕生日の浦和戦で智がゴール決めたりすれば
すぐ描いてくれるんだろうけど。

レディースの試合の詳細なレポートがある
loop-shootさんのドブネズミの詩をアンテナに追加しました。
見に行ってない上に情報不足な俺にはありがたい限りです。


というわけで明日はトップは浦和戦
レディースはルネサンス熊本戦です。
どちらも勝利で飾れるように応援頑張りましょう!

2007/05/01

川崎戦観戦記

0429.jpg
試合後はのど飴の舐めすぎで舌が痛くなりませんか?

ジアロコのみんなと車で等々力に行ってきました。
到着したのは朝の8時半。
そんなに早く行って何してるのかというと
特に何もしてません(笑)
開場までの時間が長かったため
スタジアムに入ってからは
サポミやビッグフラッグのお手伝いなどで
あっという間に感じました。

スタメンの予定だったジョレが
直前で大輔に代わった以外はいつも通りのメンバー。
前半はどちらかというとジェフペースで試合が進む。
勇人のGKとの1対1の決定機があったり
去年の等々力でのゴールのリプレイの様な
イリアンのスルーパス→智が裏に抜け出してクロス→
中央で巻が合わせたり(違ったのは決まらなかった事)
良い攻撃でゴールまでもう少しというチャンスがあり、
逆に川崎は攻撃の破壊力が半減している感じでした。
我那覇と中村を欠いた影響もあるでしょうが
水本がジュニーニョを密着マークして
ボールに触らせなかったのが一番の要因でしょう。

後半に入っても最初の10分は前半と同じような展開でしたが
ここから川崎の猛攻が始まり
ジュニーニョが前を向いてボールを持つ場面が増えて
危険な場面が増えていき、
66分には先制点を許してしまい
一気に厳しい状況に追い込まれてしまう。
巻は2度の負傷で動きに精彩を欠いていて
早めに攻撃の選手の投入を期待したが
最初の交代は下村→中島(汗)
数分後に青木とパクを投入するが
中島投入の意図がわからない。
登場してすぐにいいカバーでピンチを防いでいたが
攻撃では相変わらずの通らないパス狙ってカットされて
点を取りに行くための交代とは思えなかった。
下村の出来が悪かったとも思わないし。
負けているときの貴重な交代の枠を使う必要があったのか?

81分に左サイドで得たFKで
晃樹が蹴ったボールは誰も触ることなくネットへ!
中で味方が触ってもゴール、
触れなくても枠に飛んでいる素晴らしいボールでした。

これで一気に逆転したい所だったが
イリアンが負傷退場してしまい10人での戦いを余儀なくされ、
ジェフは攻撃に人数を掛けれずそのままドロー。
ますますあの時間に中島投入してなければ
最後にイリアンの代わりに出して11人で戦えたのにと
結果論ながらも不満が残ります。
結果論で言ってもしょうがなくても
アマルの交代はいつもうまくいかずに
「~してれば」と思うのが多いですよね。

等々力のゴール裏の一階は高さがなくて
見辛い事極まりなくまったく試合内容がわかりません。
見やすいフクアリのありがたさを再確認しました。


個人的な事情ですが家を出る直前に
扉に足の小指を強打して試合の頃になっても痛みが引くことなく
それでも90分跳ね続けたら試合後は歩くのも辛くて
家に帰って見たら小指全体が紫色になっていてちょっと焦りました(汗)
せっかくのネタなので写真載せようかと思いましたが
あまりにグロいのでやめました(笑)


今日の智。
裏に抜け出すのがうまくいっていた。
川崎とは相性がいいのかも?
ただそれでも結果に繋がらないのが痛い所(汗)
アマルが試合後コメントで「ケガしている」と
言っているのが気になりますね。
後半にシュート打った時に痛めた時でしょうか?

プラグイン表示選択
おすすめ

プロフィール

Author:アキ
ジェフサポ7年生。
ゴール裏住人。

2004-05のブログはこちらで。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。